中国編22 王府井大街散策

 北京には様々な胡同があるが、北京一の繁華街に面して金魚胡同という愉快な名称の街がある。


イメージ 1


 覗いてみたかったが、ガイドはそこへは案内してくれなかった。

 これから僕らが向かうのは、北京一の繁華街王府井大街」である。

イメージ 2

 王府井大街は新興の盛り場で、東安市場の繁盛とともに急速に発展した。

 流行に敏感でオシャレで気取ったところもあり、東京で言えば、
銀座に似ている

 真冬の昼下がりだが、土曜日なので人通りも多く、少し野暮ったい服装を除いては、東京風景といくらも変わらないようだが・・・・。(中国人の平均生活レベルは、日本より20~30年ほど確実に遅れている。)

 ただ、日本人よりずっと明るい印象なのは、これから成長して行く国民の勢いというものなのだろう。

 今年度中に、GDPでも、日本は中国に先陣を譲ることになる。

イメージ 3

 しばらく行くと、王府井小吃街という軽食の店屋を集めた一角がある。

 妙に懐かしく、それこそ金魚胡同とか縁日胡同とか銘々してもいいような、東京の下町を思い出す店が連なる。

 ここには、串焼きの羊肉焼いた羊肉を薄く削いだもの、イカの串焼や、驚くことにはサソリの串焼などもあった。

 僕は羊の串焼きを頼んだが、10元だったと記憶している。日本円で140円ほど。

 春の陽が差した様な、小さな幸せの味がした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント