零下10度の世界への旅 中国編20 故宮探訪その8「故宮の玄関口、『午門』」へ

 皇城の最も中核となる部分は、筒子河(護城河)と呼ばれる堀に囲まれているが、四方に一つずつ門がある。
 
 北は僕らが入ってきた
神武門東は東華門西は西華門、そして南が故宮の玄関口となる午門である。

イメージ 1

 さて、これが午門である。

 故宮最大の門であり、両脇に高いコの字型の城壁が張り出していて、門に奥行きを与えており、皇帝出御の際の玉座を備えている。

 清朝では、官吏は夜明けとともに、午門で姿の見えない皇帝を遥拝した。

 門口は三つあり、中央は皇帝専用官吏は左右の門口から出入りする。
イメージ 2

 午門と瑞門の間は、広いスペースがあり、そこで故宮消防隊が訓練をしている。
 
 これだけ広いと、防火活動だけでも大変。
 世界遺産を護るには常日頃の真剣な訓練が必要となる。

イメージ 3

 ここが、瑞門、門口は五カ所あり、中央は皇帝専用である。

 ここまで来ると、もう天安門はすぐ傍となる。

 次回は天安門、いまから楽しみだよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント