「日本最長10河川の旅」での釣り 阿賀野川源流地到着

南会津街は2006年(平成18年)3月20日の合併で出来た町で、それまでは田島町、舘岩村、伊南村、南郷村を名乗っていた。 阿賀野川の旅の源流の町は南会津町、ここが源流の旅の目的の町となる。 それでは本格的な午後のスタートである。 まず車で阿賀野川源流地を目指すが、その場所は福島県南会津郡南会津町と栃木県日光市の境界に位置する標高1…
コメント:0

続きを読むread more

「播磨と淡路のみち」 その37 二つの洲本城

午後一番に、洲本城に行った。 洲本城は二つあり、一つは豊臣期に築かれた山城であり、もう一つは江戸期に山城のふもとの築かれた平城である。 まず、平城跡の方に行った。   この淡路文化史料館は、江戸時代のはじめに築かれた平城跡にある。ここには、淡路島の自然、文化財、地場産業などの情報を楽しく概観できるようカラーディスプレイで紹介ガ…
コメント:0

続きを読むread more

東京散歩 その15 東大散策を終え、追分へ 

昼食後は並木道の中を、東大校内の雰囲気を楽しみながら正門へ向かって歩いた。 正門付近で歩いて来た道を振り返った。安田講堂は遥か向こうにあり、それとともに東大も少しずつ僕の中から離れていく。 門をくぐって東大を出たが、今くぐり抜けた門が、東大総長時代の浜尾新が造らせた東大正門である。 赤門から入って、黄色線のように東…
コメント:0

続きを読むread more

「オホーツク街道」の旅 その17 宗谷丘陵の風景

 オンコロマナイ遺跡の丘の右端部から宗谷丘陵に上がる。  宗谷丘陵は、宗谷岬南部に広がる標高20メートルから400メートルまでのなだらかな丘陵地帯、北から南に向かい標高が高くなり、緩やかに起伏しているが、深い谷はほとんど存在しない。  地形は、地理学者・鈴木秀夫東大名誉教授により、2万年前の氷河期に形成されたものと確認され、周氷河地形…
コメント:0

続きを読むread more