上村松園の序の舞など

上村松園  京都市下京区四条通御幸町の葉茶屋「ちきり屋」の次女として生まれ、京の伝統文化に育まれた松園は、明治・大正・昭和を通して生涯、「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵」、「真・善・美の極致に達した本格的な美人画」(松園のことば)を念願として女性を描き続けた。  日本画家の上村松篁(しょうこう…
コメント:0

続きを読むread more

日本最長10河川の旅で出会った「日本を代表する人物」その2 神流川 「内山節」(k)

 2002年から2011年までの10年の期間をかけて、「日本の最長10河川の源流から河口までの旅」を走破した。 この源流から河口までの旅の中で、「日本の国が誇る傑出した人物」と十数名出会ったが、魅力あふれる人物ばかりなので、このブログを借りて紹介する。  2002年の信濃川の旅では島崎藤村と、同じ2002年の神流川の旅では内山節と、2…
コメント:0

続きを読むread more

能登(日本道)への道 その30 朝市通りを散策 

朝食の後は、朝ドラ「まれ」の街中のロケ地巡りということで、まず輪島川に架かる「いろは橋」を見に行った。 黄矢印で示した黄枠のなかの橋である。 この橋は、輪島高校に通う津村希の通学路シーンなどで度々登場した。次に、この橋の右詰に2016年春にオープンした「輪島ドラマ記念館」に行った。  ここにはNHKのスタジオから二…
コメント:0

続きを読むread more

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その7 鎌倉文学館 その1

鎌倉大仏の見学を終えて、赤字Cの鎌倉文学館へ向かった。 鎌倉文学館までは黄線の道を通って、辺りの風景を楽しみながら歩いて行った。 いよいよ文学館に近くなってきたが、かなりしっかりしたアプローチ道ができていて、ただ道の両側の並木が大きく成長していてかなり薄暗く、夜はとても一人では歩けそうにないところである。 ここでようや…
コメント:0

続きを読むread more

最上川と「おくのほそ道」の旅 その18 直江兼継生誕地への旅

松岬神社の次に上杉博物館に行った。 ここでは2009年放映のNHK大河ドラマ「天地人博」が開催されていた。 キャラクター人形のかねたんと主役の直江兼続のパネル写真が出迎えてくれた。 しかし、残念なことにここでの展示内容は一切残っていないが、ここで二冊の、直江兼続に関する資料本を購入した。 一冊は「直江兼続…
コメント:0

続きを読むread more