中国編21 天安門と天安門広場

天安門下の長いトンネルのような出入り口を抜けると、前には天安門広場が広がる。  振り返って見上げる天安門は壮大で、北京へ来たんだなあという感慨で胸がいっぱいになる。  肖像画で描かれている毛沢東は、この天安門で1949年10月1日、中華人民共和国の建国を宣言した。  その時彼は、天安門の楼閣から天安門広場の人民に対して、「中華人民共和…
コメント:0

続きを読むread more

近江街道をゆく その11 石積みの門前町「坂本」を散策 その3 日吉大社に参拝

これから日吉大社に行く。 全国には日吉神社、日枝神社、山王神社と呼ばれる日吉大社の神様の御霊(みたま)をお分けした分霊社が約3,800社あり、これから行く日吉大社が総本宮となっている。 日吉大社は東本宮と西本宮に分かれていて、ここの400,000㎡の境内は国の史跡となっているが、西本宮の方が建物の数も多く東本宮の数倍の敷地と…
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道と佐久平みち その23  かわせみの宿 

 かわせみの宿は創業70年の、山あいに建つ緑の中の一軒宿である。  敷地内にある池にはかわせみも飛んで来るそうで、この旅館のマークはそのかわせみのマークになっていた。ここは1泊朝食付き10800円で、決して安い旅館ではない。 しかし、露天風呂から温泉街が一望できるなど、別所随一の高台からの眺望が自慢の旅館である。  こ…
コメント:0

続きを読むread more