日本最長10河川の旅で出会った「日本を代表する人物」その4 阿賀野川 NO2「野口英世青春館」にて」

 2002年から2011年までの10年の期間をかけて、「日本の最長10河川の源流から河口までの旅」を走破した。
画像1.png
 この源流から河口までの旅の中で、「日本の国が誇る傑出した人物」と十数名出会ったが、魅力あふれる人物ばかりなので、このブログを借りて紹介する。


 2002年の信濃川の旅では島崎藤村と、同じ2002年の神流川の旅では内山節と、2003年の姫川の旅では岡倉天心と、2004年の阿賀野川の旅では野口英世と、2005年の利根川の旅では萩原朔太郎と、2006年の北上川の旅では宮沢賢治や石川啄木と、2007年の最上川の旅では松尾芭蕉や斎藤茂吉や直江兼続と、同じ2007年の阿武隈川の旅では伊達政宗や松尾芭蕉と、2008年の木曽川の旅では島崎藤村や福澤桃介と、2009年の天竜川の旅では柳田国男や後藤総一郎と、2010年の石狩川の旅では小林多喜二や三浦綾子と、2011年の手塩川の旅では松浦武四郎と出会った。

 7回目は、2004年8月に旅した「阿賀野川の旅」で出会った「野口英世」である。

 英世は18歳の4月7日、洗礼を受け、キリスト教徒となった。

 彼には、教会の十字架はどのように見えたのだろうか。

 それは、進むべき道への力強い道標、そして彼の来し方、行く末を守ってくれる存在以上のものなのか。

画像1

 時間は午後1時半くらいになっていて、教会のステンドグラスから午後の光が差し込んできて、英世を支えてくれた人全員の愛情や神の恩寵の光が、英世に暖かく降り注いでいるように感じた。



 栄町教会を出て、野口英世「青春館」に向かった。

 野口英世「青春館」は旧会陽医院の2階にあり、英世のここでの生活を展示した資料室である。

画像2

 階段を上がるとその傍に、彼が医師になるための情熱にかられて、深夜遅くまで原書を読みふけっていた古いすわり机があった。

 この空間にいると、英世の当時の様子が自然と偲ばれて来て、僕なりに英世のここで過ごした時間の意味がわかってくる。

 英世は無論、医師になるための勉学に一日の多くの時間をさいているが、彼も一人の健康な男性で、意思も強いが恋もする普通の男性であった。

 彼はこの地で終生忘れることの出来ない女性と知り合うことになるが、その女性の名は山内ヨネ、会津女学校に通っている旧会津藩の医師の娘である。

 通説では、英世とヨネは英語を学ぶ目的で通った栄町教会で知り合ったと言われているが、僕はそれ以前にヨネを英世は知っていたと考えている。


 2階の英世の書生部屋からは、会陽医院からさほど遠くないところから会津女学校へ通学していたヨネの姿が良く見えたはずだ。

画像3

 英世はヨネを2階の窓から偶然見かけ、そして一目で恋をした。

 その彼女が同じ語学を学ぶために、同じ栄町教会に来ているのを知った時、英世の胸の高まりはどんなであったろう。

 英世はヨネに宛て何回も恋文を出したというが、ヨネには相手にされず、神父にはその度に叱られたという。

 英世とヨネの青春の場面に立ち会って、どんなやり取りがあったか見てみたいし、神父がどんなことを言って叱ったのか調べてみたい気もするが、今の僕に出来ることはその内容を想像することだけなのである。

 この恋は、多くの「初恋」がそうであるように、実ることなく終焉を迎えることになる。

 会津若松での青春の後、ヨネは医師と結婚し、英世は渡米してメリー夫人と結婚する。



 国際人、英世の足跡を辿ってみた。

 英世が関わった国の多さに、改めて驚く。

 彼は19世紀末から20世紀の初めの30年程の間、世界を飛び回った医者である。(英訳 flying doctor)

画像4

 中国 牛荘(ニューチャン)(1899年)

 北里柴三郎のすすめで、清国(現在の中国)の牛荘(ニューチャン)へ、ペスト国際予防委員会のメンバーの一人として行った。



 アメリカ フィラデルフィア(1900ー1903年)

 恩師である小林先生や血脇先生の援助を受け、アメリカのフィラデルフィアにある、ペンシルベニア大学医学部へ行く。
 そこで、英世は蛇毒の研究を行なう。




 オランダ コペンハーゲン(1903ー1904年)


 デンマークのコペンハーゲンにある、カーネギー大学のマドセン博士に師事、約1年間の留学をする。

画像5

 アメリカ ニューヨーク(1904年~)

 ロックフェラー財団によるロックフェラー研究所の所長に、ペンシルベニア大学のフレキスナー博士が迎えられ、彼の一等助手に英世が迎えられた。
 英世のロックフェラー研究所時代での研究を分けると大きく3つに別れる。

 蛇毒の研究(1901年~)

 梅毒の研究(1905年~)

 黄熱病の研究(1918年~)

 
 ロックフェラー研究所での研究ぶりは猛烈で、他の所員から「日本人はいつ寝るのだろう?」と言われていた。

画像6

 英世のことだから、きっとナポレオンを気取って3時間睡眠を実行していたのだろう。

 また研究の合間にちゃっかり恋もしていて、この土地で妻メアリーと知り合って結婚している。



 ドイツ ベルリンなど(1913)

 ロックフェラー研究所で梅毒ウィルス、スピロヘータの研究に成功し、ドイツを始めヨーロパ各地の講演旅行をする。



 日本 一時帰国(1915)

 海外で大成功を収めた英世は日本に一時帰国したが、その時の日本の歓迎振りはすごかったという。
 また英世はこの時、母シカのために献身的とも思える親孝行ぶりを行い、その後英世は二度と日本の地を踏むことは無かった。

画像7

 エクアドル グアヤキル(1918~)

 黄熱病の研究のため、エクアドルのグアヤキルに出張。
 その後、野口英世は黄熱病のさらなる研究のために、南米各地を回った。



 ペルー、ブラジル、メキシコ、英世は南米諸国でも、黄熱病の研究を行なった。



 ガーナ アクラ(1927~)

 英世の人生は、アフリカの聖者シュバイツアー博士に酷似する。

 シュバイッアー博士は、33歳までは自分のために、33歳からはひとのためにと生きようと心に決めていたというが、この33歳とはキリストが十字架にかけられた年齢・・・・・。

 その意思に従って、アフリカの貧しい人々のための医療に自分の半生を捧げた人である。

 世界を飛び回った英世は、日本に一時帰国した後に研究地をヨーロッパから未開発国といわれている諸国に変えている。

 あえて危険な地に飛び込む英世の姿はまるで探険家のようで、そう言えばナイル源流を目指した探検家のリビングストンも、キリスト教の洗礼を受けた医者だった。

 英世は「南米で英世が作った薬ではアフリカの黄熱病は直らない」という連絡を受け、アフリカのアクラへ出張し、そこで逆に黄熱病にかかって51歳の偉大な生涯を閉じたのである。



 今回で野口英世は終了し、「阿賀野川の旅」も終了する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント