松前街道をゆく(2014年の旅) プロローグ


 僕の旅は、旅をして翌年まで1年がかりでブログ化し、そのブログが完了する頃に、次の街道の準備に入り、旅に出るという流れとなる。

 ところでこの「松前街道の旅」は、去年の「津軽街道の旅」の中で津軽や下北の武将である安藤氏蛎崎氏の史跡を見て、なおのこと楽しみにしていた旅である。


o2048153614443035944.jpg

  北海道の松前氏や松前藩との関係が曖昧のままで来たので、その解決のためには必要な旅であった。(疑問点がほぼ解決された上ノ国、その夷王山神社からの雄大な眺望)

 この「松前街道の旅」は、旅の企画や宿の手配を4月頃から始め、旅の出発を622日、旅の終了を73日とした。

 ここで再度、「司馬遼太郎と行く10年の」を紹介する。

29194743-s
 
 10年の旅が終わる頃には僕はどんな生活をしているのだろう、その頃の日本の国はどうなっているのだろう。(この時は、コロナの時代になっているとは、想像もしていなかった。)

 では、「松前街道の旅」の計画を紹介する。
o0784120614443035977.jpeg

o0744080514443036007.png







 このような計画に沿って旅をするつもり。

 ただ、天候とか諸事情で変更があると考えているが、宿泊先については変更しないつもりである。

 旅行費用は、当初の予算の15万の範囲内に収めるつもり。

予算も計画も実はどうにでもなる旅なので、気楽と言えば気楽な旅である。

 それでは、「3年目 夏の旅」のスタートである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント