東京散歩Ⅱ その10 芭蕉 矢立初めの地「千住大橋」を訪ねる

 午前8時40分頃に両国駅から総武線に乗った。

イメージ 1

 総武線で秋葉駅まで行き、そこからまた乗り換えである。

 秋葉原からは山手線で上野駅まで行った。

イメージ 2

 上野駅から少し歩いて、京成上野駅から午前9時頃の京成本線の電車に乗り換えて、午前920分過ぎに千住大橋駅で降りた。

駅から15分ほど歩いて千住大橋まで行った。

イメージ 3

この橋のたもとに大橋公園が有り、ここに松尾芭蕉と曾良が「おくのほそ道」出発にあたって初め詠んだ一句(矢立初めの地)を記念して石碑が建っていた。

矢立の句は、「行く春や鳥啼き魚の目は涙」である。

01-05-02.jpg

芭蕉一行は元禄2327(新暦1689516)に江戸深川にあった芭蕉の草庵である採荼庵を出発し、船に乗って千住まで来てここから歩いて「おくのほそ道」の旅に出たのだった。

イメージ 5

千住大橋の下に降りてみた。

イメージ 6

ここには「千住大橋際歴史資料空館」という名のちょっとした広場があって、壁面などに「おくのほそ道」関連の記事や絵が描かれていた。

イメージ 7

更に左方の「千住大橋際歴史資料空館」の壁には、初代広重の「1856年成立の千住大橋近辺を描いた画」が一番手前に、中程には葛飾北斎の描いた「荷を背負った馬と人が千住を歩いている画」が描かれていた。

イメージ 8

一番奥には河番付や橋番付まで書かれていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント