津軽街道をゆく(2013年の旅) その1 往路は 能代まで381.8km

 津軽街道の旅は、当初思っていた以上に見所の多い旅となった。
 1112日の旅の間に撮影した写真は1000枚を軽く超え、デジカメに収録したビデオカメラ撮影時間も45分程度となった。

 津軽街道の旅は青森県に入ってからということで、新潟から山形そして秋田の能代までの往路は簡単な記録と数枚の写真で記載することとする。

2013926()1日目の、宿までの走破距離(新潟-能代間)381.8kmとなった。

 出発は午前6時、朝日まほろばのコンビニでオニギリ2個とお茶375円で購入、これが旅の最初の朝食となった。

 山形県温海通過が午前8時、酒田が午前9時、鳥海山の綺麗に見える山形・
秋田県境の10時頃にローソンで3つ入って113円のカップ付きUCCコーヒーを買い、店の駐車場でお湯を沸かして、絶景を見ながらのコーヒータイムを楽しんだ。

イメージ 1



 ローソン裏からの鳥海山はこんな風に見えた。

 道の駅「岩城」11時半到着、ここからは秋田市までもう20km程となる。

イメージ 2



 ここで昼食タイム。
 店の名はクルーズカフェといい、カレー専門の店で、値段は400円から600円まで。

イメージ 3



僕の食べたのは写真右上のビーフアンドビーフカレーという食べ物で、値段
500円。
 ビーフハンバーグがビーフカレーに乗っているもの。(この値段なので、半ハ
ンバーグ)

美味しくカレーを頂いて、能代に向かって午後のスタートを切ったが、このま
まだとあまりに早くホテルに早く着きそうだったので、寄り道を決行。
 男鹿半島へ向かい、寒風山入道崎を見て回ることに。
 寒風山には午後1時半に到着。

イメージ 4



 寒風山山頂からの雄大な景色を堪能したが、それにしてもここは風が強すぎで、車のハンドルが強風にとられるほどの場所。
 ここを降りて、午後2時に男鹿半島の突端の入道崎に到着。

イメージ 5



 北緯40度の地という石碑が建っていた。

 ここから能代のホテルニューグリーンへ向かったが、ナビの具合が良くないのか設定が悪かったのか、元来た?道を2〜3回後戻りしたりする非能率な走行を繰り返し、そのせいもあったのか、新潟から能代まで381.8kmもかかってしまう結果となった。

 通常は350km程だから、寄り道分を引いても、多分5kmくらいは余分に走ったようだ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント