ある先輩

「吠える犬は噛まない」と先輩は言った。

僕は安心して吠えている犬に手を出した。
yjimage[2].jpg

犬は僕の手をしっかり噛んだ。

「先輩、噛まれたんですけど」僕は言った。

先輩は続けて言った。「少なくとも吠えている間は・・・・」

「最後まで君が話を聞かないからだ」
 先輩はとどめをさした。

"ある先輩" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント