ロシアのアネクドート傑作集から その7 アメリカとロシア(ソ連)の話


その1

アメリカの観光客がロシア人に自慢している。
「わたしは車を3台も持っている。私のと妻のと、高校生の息子のだ。」
ソ連人が冷やかに笑って言った。
「ソ連では車なんか必要ないですよ。
 モスクワには世界一の地下鉄があります。
 私は毎朝、それで通勤します。
 買い物は遠くまで行かなくても、ちょっと歩いていけば、みんな間に合います。
 外国に行くときだけ、車を使いますが、戦車で行くので大丈夫です。」


その2

ブッシュが神に訊ねた。
「主よ、アメリカ国民はいつになったら幸福になれますか」
神は答えた。
「100年後だ」
これを聞くとブッシュは泣きながら走り去った。

プーチンが神に訊ねた。
「主よ、ロシア国民はいつになったら幸福になれますか」
これを聞くと神は泣きながら走り去った。

"ロシアのアネクドート傑作集から その7 アメリカとロシア(ソ連)の話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント