ブラジルの笑い話 その13 恋人

社長のアイデアと努力で、急速に成長した会社のオーナーは、社員たちにも莫大なボーナスを配った。
社内パーティの席上、社長は部下のロベルトとワシントンに話し掛けた。
「君たちはボーナスを何に使うんだい?」
ロベルトは「私は恋人がヨットを欲しがっているので、買ってあげようと思います」と答えた。
ワシントンは「私は、恋人が海辺の別荘を欲しがっているので買ってあげます」と答えた。
数週間後、離れて暮らしている社長の25歳になる一人息子から手紙が届いた。
「父さん、元気ですか?今度一緒に海に行きませんか?実は新しい別荘と新しいヨットが手に入ったんです」

"ブラジルの笑い話 その13 恋人" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント