ブラジルの笑い話 その46 プレゼント 


 クリスマスのプレゼントを配って世界中を回り、フィンランドに帰国する途中のサンタクロースは、ブラジル東北地方の貧困な乾燥地帯の上空を空とぶソリで飛んでいると,あらん限りの声で名前を呼んでいるガリガリに痩せた子供たちの群れに気付いた。

 子供達は、あらん限りの声で「サンタのおじさーん,ここ、ここだよー。ボクたちにもプレゼントを持って来てー」と叫んだ。

 しかしサンタクロースは低空まで下りて行き「だめだ。食事しない子供にはプレゼントはやらない」と怒鳴って行ってしまった。

"ブラジルの笑い話 その46 プレゼント " へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント