ロシアのアネクドート傑作集から(これで最後) その15 ロシア(ソ連)

その1


なぜモスクワでは、必ず警官が3人で行動するか。
一人は読めて、一人は書ける。
もう一人はこの二人のインテリを監視している。



その2

アメリカ人がポーランド人に聞いた

「貴方はロシアに友情を感じますか?」

ポーランド人

「ええ、貴方の家に、侵入してきた泥棒に貴方が、

感じる友情ぐらいの、友情を感じています」



その3

「共産主義者とは?」

「共産主義者とはマルクスとレーニンの本をすべて読んだ者のことである」

「では、反共産主義者とは?」

「反共産主義者とは、マルクスとレーニンをすべて理解した者のことである」

"ロシアのアネクドート傑作集から(これで最後) その15 ロシア(ソ連)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント