更に更に更に更に更に続いてロシア人とウォッカの話を その7

その1

「大事な会議に遅刻して発表の持ち時間が半分になった。さて、彼らはどうするだろう?」
ドイツ人は、いつもの倍のスピードで話す。
アメリカ人は話を適当に省略して時間内に収める。
フランス人はいつものペースでしゃべり続け、次の人の時間に平気で食い込む。
さあ、ロシア人ならどうするか。
ロシア人は、いつもの小話をカットすれば、半分の時間に十分収まる。



その2

ある船に火災が発生した。船長は、乗客をスムーズに海へ飛び込ませるために、
イギリス人には 「紳士はこういうときに飛び込むものです」
ドイツ人には 「規則では海に飛び込むことになっています」
イタリア人には 「さっき美女が飛び込みました」

北朝鮮人には「将軍様が飛び込めと仰っています」
アメリカ人には 「海に飛び込んだらヒーローになれますよ」
ロシア人には 「ウオッカのビンが流されてしまいました、今追えば間に合います」

その3

明日で地球が破滅するなら...
イタリア人は女の元へ行く

日本人は残っている仕事を片付ける
ロシア人はウォッカをすきなだけ飲む

"更に更に更に更に更に続いてロシア人とウォッカの話を その7" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント