テーマ:耽羅紀行(済州島の旅) 

耽羅紀行(済州島の旅) その7 石焼ビビンバの昼食とヌルボムのこと

 済州島で最初の食事は、「石焼ビビンバ」の昼食である。  この大きな建物は建坪730坪の炭火焼肉専門店「ヌルボム」。  大型バス10台、小型自動車100台の駐車スペースを持ち、940人ものお客を一度にまかなうことが可能とのこと。  あのぺ・ヨンジュン(僕のことかな?)も来店したことのある程の、黒豚の超有名「炭火焼肉専門店」である。  済…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その6  済州島到着と旅の日程の紹介

 東京は曇っていたが、済州島は天気予報通り晴れていた。  この済州島の旅に限らず海外国内の旅のどちらもだが、旅の1週間前頃から旅先の週間天気予報をパソコンの「お気に入りに」取り込んで、旅行日の天気を見るのが毎日の日課となる。  晴天に恵まれる旅もあれば、雨天や時には嵐に遭遇する旅もあった。  そういう経験を踏まえて言えることだが、「旅は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その5 とりあえず死を覚悟して済州空港まで

 大韓航空KE-718便は予定時刻の午前9時45分には動き出し、その10分後には成田空港を飛び立った。  子どもでもないのに毎回の空の旅で体験することだが、「落ちたら間違いなく死んじゃうな」という恐怖心が必ず生まれてしまうことである。  乗ってしまったらアトノマツリで、ジタバタしてもどうにもならない飛行機のことだから、なおのことこの手の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その4 日本出国まで

 スカイライナーが成田空港地下駅に到着すると、そこからもう外国旅行の始まりである。 改札を出たところに「セキュリティエリア」と呼ばれる空港の検問所があり、パスポートの提示を求められた。 エレベーターで一気に集合場所の空港第一旅客ターミナル4階まで上がった。 集合時間は午前7時45分となっていたので、集合時間まで20分以上の余裕を持って集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その3 スカイライナーで成田空港まで

 翌朝は京成上野駅からスカイライナーで成田空港まで行くことにした。  成田空港までのアクセスはいろいろあるようだが、新潟から午前中に成田空港を出発する飛行機に乗り込むには、上野か日暮里の周辺に前泊し、スカイライナーを利用するのが最も好都合だと考えた。  ツアーの集合日時は2014年4月14日(月)午前7時45分、集合場所は成田空港第1旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その2 上野アメ横にて

 4月13日(日)、14時7分発のMAXとき328号に乗車、ダイヤ通り16時14分に上野に到着した。   普段は車で旅をしていて、外国旅行も居住する新潟空港から直接なので、新幹線で旅をするのは滅多になく、2時間程の新幹線の旅を新鮮な気持ちで楽しんだ。   日曜日の午後の出発なので、始発の新潟駅は同じ車両に僕の他には一人しか乗ってなく、ガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その1 旅の計画そして上野まで

 今回お世話になった旅行会社とツアーコースだが、旅行会社は「心に届く旅でお馴染みの阪急交通社」さん、ツアーコースは成田発「ラマダプラザ済州に泊まる春爛漫済州島3日間」の「4月14日から16日」までの3日間の旅である。 他社の菜の花の時期のイメージ写真を借用しているが、こんな絶景が見られる。  菜の花の背景は世界遺産の城山日出峰である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) プロローグ

 僕の心の中で気になる場所で、行きたいと思いながらなかなか行けなかった済州島に、2014年4月14日~16日の2泊3日の日程で行って来た。  最近の済州島への興味は、気楽な娯楽としてのオールインなどの韓ドラの中のロケ地を実際にこの目で見てみたいというものに変わってしまったが、その前は、文化人類学者の泉誠一(僕の中では、インディジョーンズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その1 旅の計画そして上野まで

 今回お世話になった旅行会社とツアーコースだが、旅行会社は「心に届く旅でお馴染みの阪急交通社」さん、ツアーコースは成田発「ラマダプラザ済州に泊まる春爛漫済州島3日間」の「4月14日から16日」までの3日間の旅である。  他社の菜の花の時期のイメージ写真を借用しているが、こんな絶景が見られる。  菜の花の背景は世界遺産の城山日出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) プロローグ

 僕の心の中で気になる場所で、行きたいと思いながらなかなか行けなかった済州島に、2014年4月14日~16日の2泊3日の日程で行って来た。  最近の済州島への興味は、気楽な娯楽としてのオールインなどの韓ドラの中のロケ地を実際にこの目で見てみたいというものに変わってしまったが、その前は、文化人類学者の泉誠一(僕の中では、インディジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more