テーマ:笑い話

わたしはしりませんよ

酔っぱらいが大通りで男を呼びとめてきいた。 「すみません、わたしは誰でしょう?」 「わたしはしらない」と男は言った。 「わたしはしらない、いい名だ」 酔っぱらいは安心したように大通りを歩いていった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その36 ハエ 

客「おい、ウエイター。ちょっと来てくれ」 ウエイター「何です、旦那?」 客「これを見ろ。俺の頼んだスープでハエが泳いでいるじゃないか」 ウエイター「ああ、こんなの無視すればいいんですよ。ハエの奴、自分が泳げることを自慢してるだけですから」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その35 右足 

老人が右足が痛いといって医者にかかった。 医者「うーん、検査の結果では特に異常はありませんね。」 老人「じゃあ、この痛みは何です?」 医者「まぁ、お歳のせいでしょう。」 老人「先生、いいかげんな診断は止めてくださいよ。」 医者「どうしてです?」 老人「だって先生、左足も同い歳ですよ」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その34 寿司

ジロー「なあ、入院してるおばあちゃんにお見舞いに何もっていく?」 サブロー「うーん、ばあちゃんの大好物の寿司がいいんじゃないか」 ジロー「寿司?おいおい、病人に寿司はないだろ。」 サブロー「なんで?この間見舞いした時も、食べたいって言っていたよ」 ジロー「馬鹿だなあ、寿司は生ものだからだめなんだよ」 サブロー「なんで生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その33 歯医者

母親が歯が痛くて泣き喚く子供を歯医者に連れて行った。 治療が終わって会計に呼ばれた。 「150レアルです」 子供の母親は驚いて言った。 「先生、確か1本治療するのに30レアルではなかったのですか」 「お母さん。確かにそうです。しかしあなたのお子様が泣き喚いたために、 治療中に待合室から4人の子供が治療も受けずに帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その32 死亡証明書

ある男が入院生活の末病院で亡くなった。 主治医「奥さん、このたびはご愁傷様です。それで大変お辛いところ申し訳ありませんが、こちらの死亡証明書にサインしていただけますか」 妻「・・・はい。」 主治医「奥さん、そこは私がお書きしますよ。そこは死因を書く欄ですので・・・」 妻「ハイ、だから先生の名前を書いているんです。」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その31 このスープ飲めない

ある男、スープを注文する。10分後、スープが運ばれてくる。 なにやら不機嫌そうな男、ボーイを呼び止める。 男「おい、ボーイ、このスープ飲めないよ。」 ボーイ「かしこまりました。料理長を呼んできます。」 男「おい、料理長、このスープ飲めないよ。」 料理長「かしこまりました。店長を呼んできます。」 男「おい、店長、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その30 我慢

ハイキングに来ていた家族が山の中で道に迷い、歩き回っているうちにどんどん森の奥に入ってしまい、とうとう夜になってしまった。 子供が泣きながら「神様、助けて」と言うと、森の神様が現れて言った。 「お前たちの望みを一つだけ叶えてやろう」 すると父親がすぐに答えた。「私たち家族を、とても我慢強くしてください」 「わかった。その望み叶え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その29 不眠症 

マルシア夫人は不眠症のためドクターを訪ねた。 「先生、最近夜どうしても寝付けないんです。何とか治療してください」 ドクターは夫人を診察してこう言った。 「軽い不眠症ですな。寝る前にこの薬を飲んで、ベッドに横たわると同時に、ゆっくり数を数えるといいですよ。牛が一頭、牛が二頭とね」 「わかりました。やってみます」マルシア夫人は家路に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その28 杖 

ヒトラーがフランスに勝って、ドーヴァー海峡の岸に立って言った。 「この忌々しい海を、どうやって渡ったらいいだろう」 ゲッベルスは「ユダヤ人を連れてきて、紅海を渡ったトリックを聞き出しましょう」と答えた。 強制収容所をくまなく探した末、モーゼが見つかったので連れてこられた。 その時の問答。 「お前は、どうやって紅海の水を分けたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その27 タバコ 

「いいですか、タバコは辞められるんです! 要は意志の問題なんです! 皆さんもいい大人なんだから、タバコが健康に悪いことはご存知でしょう? 長生きしたいでしょう? 私はタバコなんて吸ったこともありませんよ・・・ いいですか!自分をコントロールするんです!」 自分の意志の弱さに負けて恥ずかしくないんですかと、散々我々を説教した挙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その26  3つの願い

男が拾った壷を磨こうとこすると、煙とともに 中からアラジンが表われてこう言った 「壷から出してくれたお礼にお前の願いを 3つ聞いてやろう」 男は迷った挙句に魔物に言った 「世界一の金持ちになりたい」 「二つ目は?」 「世界一の美女を妻にしたい」 「三つ目は?」 「不老不死の体が欲しい」 「なるほど。で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その25 幸福論 

1970年1月、ワシントンで開かれた文学者の集いで、イギリス人とフランス人とロシア人の文学者3人が幸福論について話をしていた。 イギリス人がしみじみという。 「幸福ねえ。そうだねえ、仕事から疲れて帰ってくると僕のスリッパが 暖められて、暖炉の側に揃っているのを見る時、感じるものかなあ」 それを聞いたフランス人が得意げに言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その24 隣同士  

アルゼンチン人とチリ人が隣同士の家に住んでいた。アルゼンチン人は 雌鶏を飼っていて、雌鶏が庭で産んだ卵を拾って朝食にしていた。 ある朝、雌鶏がチリ人の庭で卵を産んだ。アルゼンチン人が卵を拾う前に チリ人が卵を拾ってしまった。アルゼンチン人が卵を返せと要求しても チリ人は応じなかった。 「その卵を返せ。その卵は私の鶏が産んだのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その23 遠慮を知らない (K) 

日本から来てあまり日数のたたない日本人と同僚のブラジル人が、レストランで同じ魚料理を注文した。 でてきた魚料理は1匹の魚は大きく、もう1匹は少し小さかった。 日本人が「お先にどうぞ」というと、ブラジル人は大きな魚を選んだ。 しばしの沈黙の後、日本人は皮肉たっぷりに言った。 「もし、あなたが先に選んだら、遠慮して小さな魚を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その22 占星術師 

中世。ユダヤ人の占星術師が予言した。王の愛妾が間もなく死ぬだろう、と。 すると王の愛妾は本当に死んでしまった。 王は激怒した。占い師の予言が死をもたらしたものに違いない。 王は占い師を呼ぶとこう命じた。 「予言者、おまえの死ぬのはいつか言ってみよ!」 星占いは王の意図に気がついた。 自分がなんと答えようと、すぐに自分を殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その21 ナポレオン

ナポレオンは1815年、流刑先のエルバ島を脱出しマルセイユ付近で上陸、パリに進軍して再び天下をとった。 その期間のナポレオンの動向を伝える官制新聞「ル・モニトゥール」の見出し。 「凶悪な食人鬼、巣窟より脱出」 「コルシカの鬼、ジュアン湾に上陸」 「怪物、ジァップに到着」 「虎、グルノーブルで一泊」 「簒奪者、リヨンを通過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その20 キリスト教徒 

熊に襲われようとしているキリスト教徒の男が神に「あの野蛮なる熊にキリストの教えを授けてください」と祈った。 熊は、飛びかかり覆い被さった。 そのとき、熊は手を合わせて何かブツブツ言っている。 「天に召します我らの主よ、今日も食事を与えてくれたことに感謝します」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その19 怒りと激怒 

小学校3年生のマリアちゃんが学校の宿題である“怒りと激怒の違い”について、父親に「父さん、怒りと激怒ってどう違うの?」と尋ねた 父親が「それはまあ、程度の問題だな。説明してあげよう」と受話器を取り いいかげんな番号をダイヤルした。 電話に答えた男にこう聞いた。「もしもし、シルビオいるかな?」 男が答えた。「ここにはシルビオなんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットで拾ったお笑い「三人のポーランド人」

ポーランド人A・B・Cの3人が居た。 彼らの仕事は植林だった。 Aは穴を掘る、その穴にBが木を植える、そしてCが穴を埋める。 彼らは真面目にそれを毎日々繰り返していた。 ある日、そこに一人の青年が通りがかった。 Aが穴を掘り、Cが穴を埋める。 Aが穴を掘り、Cが穴を埋める。 Aが堀り、Cが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その18 ゴルフバッグ  

営業重役のサムエルが会社から家に電話し、興奮した様子で妻に言った。 「ごめん、急にサルバドールに出張しなきゃならなくなったんだ。これから荷物を取りに帰るから、一週間分の着替えを旅行カバンに詰めておいて くれないか。出張先でお得意さんと接待ゴルフをするから、僕の ゴルフセットも出しておいてくれ。それと、パジャマは青のシルクの やつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その17  貧乏な夫婦

貧乏な夫婦がリビングルームのソファに座っているとき、ケチの夫が言った。 「ちょっと呑みに行くから、コートを着なさい」 「まあ、私も連れて行ってくれるの?」 「違うよ。ストーブのスイッチを切るんだ。」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その15 肉屋の前 

ソビエトの書記長フルシチョフがリムジンでアレクセイ通りを通りがかると肉屋の前に100人くらいの行列ができていた。 フルシチョフは秘書に「あの行列はなんなのだ?」と尋ねると「肉の配給の為に1日中ああして棒立ちで並んでるんです。」というではないか。 「なんという事だ!!」フルシチョフは激怒し、自動車電話の受話器を取り上げると当局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その14  メロン

メロンを生産しているセバスチャンは、毎日のように畑に忍び込んで売り物のメロンを食べてしまう奴がいるのに手を焼いていた。 いい対策はないかと知恵を絞った末、素晴しいアイデアを思いつき、看板を作って畑に貼り出した。 翌日メロン泥棒が畑に来てみると、看板は次のように書いてあった。 「!!警告!!この畑に、青酸カリ入りのメロン1個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その13 恋人

社長のアイデアと努力で、急速に成長した会社のオーナーは、社員たちにも莫大なボーナスを配った。 社内パーティの席上、社長は部下のロベルトとワシントンに話し掛けた。 「君たちはボーナスを何に使うんだい?」 ロベルトは「私は恋人がヨットを欲しがっているので、買ってあげようと思います」と答えた。 ワシントンは「私は、恋人が海辺の別荘を欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その12 ホームレス 

ある男が街角でホームレスに呼び止められた。 「だんな、どうか5ドルをお恵みください」 男は財布から5ドルを取り出してから、ホームレスに尋ねた。 「この金をやったら、君はウィスキーを買うのかい?」 「とんでもない!酒はずっと前にやめました」 「じゃあ、この金をギャンブルに使うのかい?」 「ギャンブルもずっと前にやめました」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その11 社長の娘と駆け落ち

ある男が会社の金を横領した挙句、社長の娘と駆け落ちした。 「本当にジョゼには困ったもんですな。しかし、そのうち持ち逃げした金もなくなって後悔するんでしょうが。」 「もう後悔してるんじゃないかな。社長の娘を送り返してきたからね。」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの笑い話 その8 バッタ

あるアルゼンチン人が初めてオーストラリアに来た。 彼は羊を見て笑い出す。そしてガイドにこう言った。 「アルゼンチンのパンパ地方では、二倍の大きさの羊がいるぞ」 それから牛を見てまくし立てる。 「なーんだ、わが国の牛はずっと大きいぜ」 そこに、ふとカンガルーが目に入った。 彼はガイドに尋ねる、「あれは何だい?」 ガイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more