テーマ:日本の詩人

実験室小景 宮沢賢治

実験室小景                   一九二七、二、一八、        (こんなところにゐるんだな)        ビーカー、フラスコ、ブンゼン燈、    (この漆喰に立ちづくめさ)        暖炉はひとりでうなってゐるし        黄いろな時計はびっこをひきひきうごいてゐる    (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原体剣舞連(はらたいけんばいれん) 宮沢賢治の詩

原体剣舞連(はらたいけんばいれん)            (mental sketch modified)    この詩は、賢治が1922年8月30日から31日にかけ種山ヶ原に地質調査に出かけたおり、下山途中で田原村原体(現・奥州市江刺区田原)で見た民俗芸能・原体剣舞を見たことが元になり、『春と修羅』に「原体剣舞連(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more