テーマ:中国

ロシア民謡 カチューシャの歌

 クリックです!!http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=T1q_0PXmJOk   『カチューシャ』は、1938年にロシアの人気フォーク歌手リディヤ・ルスラノヴァによって初演されたロシア歌曲。  兵役に出て行った恋人を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長江の旅 その6 昆明にて

サービス動画(楊麗萍の華麗な舞い)あり、↓クリックです!! https://youtu.be/RxFYdhpp0Sg    長江の旅は、四川省から雲南省に入った。  長江という名も、四川盆地を流れる岷江との合流点である宜(ぎ)賓(ひん)からは、金沙(きんさ)江(こう)と名前を変える。  雲南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長江の旅 その5 蜀の国にて(クイズ付き)

               羌族の村「桃坪村」 大きくしてみてね。 ↑                    (最後に問題があります。見てね。)  音楽あり、↓クリックです!! http://nicoviewer.net/sm9877405 成都は四川省の省都であり、中国西南地区における科学、商業、貿易、金融、交通、通信の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長江の旅 その4 三峡にて

                 中国三峡、宜昌から重慶までの地図、大きくして見てね。 ↑     長江の中流域に、今とてつもない工事が進められている。三峡ダム工事である。                               工事現場です。 ↑    このプロジェクトは1919年、中国革命の父孫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長江の旅 その3 武漢(ウーハン)にて (今はコロナウィルス発祥の地ですが・・・)

                      長江第1大橋(武漢)  ↑最後に問題があります。   武漢は長江の中流域に位置し、長江と長江最大の支流である漢水の交わる地点に開けた町。漢水は陝西省の秦嶺山脈に源を発し、水量の多さでは黄河をしのぐと言われる。全長、1532キロもある。 武漢は、古来より水陸交通の要衝であった。内陸の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長江の旅 その2 南京にて(クイズ付き、ご回答ください!!)

                  宋家三姉妹デス。最後に問題があります。  ↑   南京市は江蘇省の省都で、長江下流にあり、丘陵地が多く、緑豊かな歴史的古都で中国7大古都の一つともなっている。  史跡に恵まれており、いたるところ観光の要衝となっている。特に有名なのは、明王朝の開祖「朱元璋」を葬る陸陵である『孝陵』と、近代中国の父とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長江の旅 その1 上海にて(クイズ付き、ご回答ください!!)

                   長江文明がもたらした稲作伝来の道 ↑ 安田喜憲氏の著書「長江文明の謎」によれば、長江文明は今から6千3百年前に誕生したという。 地球の寒冷化によるこの地域の乾燥化の中で、長江流域の人々は城塞を築きため池を作った。 稲作を守るために水のコントロールを始めたのである。都市型集落の成立であり、文明の誕生と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長江の旅 プロローグ

   今から800万年ほど前、地球の地殻変動が激しくなり、エチオピアからタンザニアまで走っている、世界最大の大地溝帯(グレート・リフト・バレー)が生まれた。 大地溝帯の東側は上昇、西側は沈下して巨大な壁が出来た。西側から吹いてくる湿った風がもたらす雨は、壁を乗り越えられず、全部西側に雨をもたらした。すると東側のケニア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金縷(きんる)の衣 杜秋娘

金陵(南京)の街に年若き人気妓女がいた。 名を「杜秋娘」(としゅうじょう)と言う。 唐の徳宗のときの地方官吏、「李錡」(りき・浙西観察諸道塩鉄転運使)は杜秋娘に惚れて愛妾にした。 杜秋娘はそのときまだ15歳だった。 揚子江の金陵あたりの流れは清く、そこで生まれた女性は容色が優れているといわれ、その中でも杜秋娘は格別で、紅おし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春望

 国の都の長安は戦争で破壊されてしまったが、山や河は昔のままである。  町にも春が来て、草木は深く生い茂っている。  このような戦乱の時世を思えば、花を見ても涙が落ちる。  家族との別れを悲しんでは、鳥の鳴き声を聞いても心が痛む。  戦乱ののろし火は、もう何ヶ月も続いていて、家族からの手紙は万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香炉峰の雪(例の清少納言の・・・) 白居易

日高睡足猶慵起 小閣重衾不怕寒 遺愛寺鐘欹枕聽 香爐峰雪撥簾看 匡廬便是逃名地 司馬仍爲送老官 心泰身寧是歸處 故郷何獨在長安 (読み) 日高く睡り足るも、なお起くるにものうし 小閣にしとねを重ねて寒さをおそれず 遺愛寺の鐘は枕をそばだてて聴き 香爐峰の雪は簾をかかげてみる 匡廬(きょうろ)はすなわちこれ名を逃るる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朱熹(朱子先生)   偶成(ぐうせい)

   少年易老学難成  一寸光陰不可軽  未覚池塘春草夢  階前梧葉已秋声  少年、老い易く、学成り難し。一寸の光陰、軽んずべからず。  未だ覚めず池塘春草(ちとうしゅんそう)の夢。  階前(かいぜん)の梧葉(ごよう)、已(すで)に秋声。    詩に云う。若い時はうつろいやすいもので、あっという間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年行  李白

 少年行  李白     五陵の年少 金市の東     銀鞍白馬 春風を度わたる     落花踏み尽くして     何れの処にか遊ぶ     笑って入る     胡姫の酒肆の中   五陵の遊侠の少年たちが、金市の東の盛り場で   銀の鞍をおいた白馬にまたがり、春風の中わとおりすぎてゆく …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江南の春  杜牧

 江南の春  杜牧       千里鶯啼いて緑紅に映ず        水村山郭 酒旗の風       南朝 四百八十寺       多少の楼台煙雨の中  当時の人が「江南」といったとき、連想するのは広い農村と古い都。広い農村の春には明るい晴れの天気が、古い都の春にはしっとりとした小雨がよく映る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more