テーマ:大阪散歩

大阪散歩 その19 三国ヶ丘を散策

 分岐点から三国ヶ丘の住宅地に入った。  これから反正天皇陵に向かうが、その途中で向泉寺閼伽井跡と書いてある門と囲いに出会った。  向泉寺は聖武天皇が行基に命じて創建された寺で、三国ヶ丘一体から百舌鳥のあたりまで広がっていた広大な寺だったという。  河内国が分割されて、河内・和泉・摂津の国が出来て、その境にあるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その18 竹内街道を歩く

 ここからは二上山、葛城山、金剛山と連なる金剛山地の絶景が見渡せる。  二上山の手前には百舌鳥古墳群と並んで堺を代表する古墳群である古市古墳群が存在しているが、ここは明日の午前中に散策予定である。  百舌鳥古墳群や古市古墳群の中には、5世紀の河内王朝と言われる時代に、中国の宋に朝貢していた「倭の五王」ではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その17 堺にてミニツアーに参加

 今日から11月、行動の拠点は大阪から堺に移動する。  ヴィアイン新大阪でいつも通りの朝食を終え、新大阪駅から地下鉄御堂筋線でなんば駅まで行き、そこから南海本線で堺駅に下車した。  その途中で、10月の下旬の週末に、2週間に渡って日本全土を襲った台風の影響で交通に障害が出ていることをテレビで知った高野山への交通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その16 レトロビル散策の続き

「北浜レトロビルヂング」を見終えてから、赤星印の新井ビルまで歩いた。  新井ビルは報徳銀行の大阪支店として1922年に建てられたもので、その後新井家が買い取り新井証券として利用して使った。  現在は五感(伝統ある古き良き街、北浜、中之島、淀屋橋を本拠地として、「大阪町人」の魂を少しでも受け継ぎながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その15 北浜のレトロビル散策

 再び中之島駅まで歩き、地下に入って駅でしばらく電車を待ち、地下鉄中之島線に乗った。  7~8分電車に乗って、3駅先のなにわ橋駅で降車した。  この駅の近くには大阪の代表的なレトロ建築が建っているので、それを見ることにした。  代表的なレトロ建築とは、この大阪市中央公会堂である。  こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その14 中之島散歩 

 昼食後は淀川(現・旧淀川)本流の中洲である中之島を歩くことにした。  中之島は、大阪府大阪市北区にある堂島川と土佐堀川に挟まれた東西約3kmの細長い中洲で、面積は723,266m2である。  谷町4丁目駅から地下鉄谷町線に乗って、一つ前の天満橋駅に降りた。  天満橋駅から中之島線に乗り換えた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その13 大阪城を出て昼食

秀頼・淀殿ら自刃の地を終え、大手口から大手口枡形に出た。  大手口の上には多聞魯が造られていて、ここは重要文化財となっている。  今僕が居るのは大手口枡形と呼ばれている黄星印の地点である。  枡形とは城の主要な出入り口に設けられた四角い区画のことで、敵の侵入を食い止める役割を果たした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その12 本丸の周辺部を散策

 これから本丸の周辺部を見ていく。  最初に、赤字いの桜門の巨石(蛸石)と桜門、続いて赤字ろの山里丸の秀頼・淀殿ら自刃の地、最後に赤字はの大手口の巨石と魯群である。  まず、桜門の巨石を見に行った。  人の大きさと比べるとその大きさが理解できるが、こんな風景となる。  城内巨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その11  ミライザ大阪城を見学

大阪城の展示は各階でこのようになっていた。  7階は豊臣秀吉の生涯 、5階は大坂夏の陣図屏風の世界、4階は豊臣秀吉とその時代、3階は豊臣秀吉とその時代、2階はお城の情報コーナー、1階は天守閣の入口となっていた。  これは5階の大坂夏の陣図屏風の世界で、松平忠直と真田幸村の合戦の場面が描かれている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その10 天守展望台から大阪の街を一望

 この天守は現在大阪城を象徴し、大阪市の象徴となっている。  建物は、徳川大坂城の天守台石垣に新たに鉄筋鉄骨コンクリートで基礎を固めた上に、鉄骨鉄筋コンクリート構造を吊り下げ工法を用いて建てた。 高さは54.8メートル(天守台・鯱を含む)で、5層8階(入口のある1階部分は地下)からなっており、復興天守の中は博…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その9 大阪城への旅

 司馬遼太郎への旅も3日目となった。  司馬さんへの旅としているが、この旅は本来の目的以外に寄り道が随所に出てくるのでご容赦願いたい。  今日は大阪のキタと言われている地域への旅で、そのメインとなるのが大阪城への旅である。  大坂城は、安土桃山時代の1583年から1598年にかけて豊臣秀吉が築いたが、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その8 頓堀クルーズなどでなんばを満喫

 とんぼりクルーズも良かった。  僅か20分ではあったが、多くの見ごたえのある橋の下を潜って、沢山の写真を撮影した。  ここは太左衛門橋である。  ここは相合橋である。  ここは大黒橋である。  そして再び戎橋を潜って、20分のクルーズは終了した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その7 異国を旅しているような道頓堀界隈

 「ワンコインお笑いライブZAZA」は中座くいだおれビルの地下で公演している。  階段を上がって外に出ると、ZAZAの呼び込みが客を物色していた。  思いっきり笑ったので、思いっきりお腹も空いてきて、道頓堀の「たよし」というレストランで、850円のウニ海鮮丼を食べた。  量は少量だったが、とて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その6 道頓堀に繰り出す

 大阪の美味しい味を楽しんだのち、道頓堀に繰り出した。  道頓堀は巨大看板の街である。  「かに道楽」や「かつだるま」のような巨大な看板が通りの両側から睨みを利かせているド派手な街である。  行き交う人々は日本人以外の方々が多く、なんとなくではあるが韓国のソウルの街角を歩いているような気になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その5 道頓堀まで

 このあと3階で、新世界開設当時のジオラマを見学した。  新世界のコンセプトは、パリとニューヨークという欧米を代表する二大都市の風景を模倣した現在のテーマパークに似たものであった。  通天閣は今も昔も大阪人の心のシンボルで、大阪人の誇りなのだという。  通天閣の実像を確認して、ここを後にした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その4 通天閣5階の展望台まで上がる

 ここが通天閣の入り口で、いったん階段で地階に降りて、そこからエレベーターで5階の展望台まで上がることになる。  入り口に入る前に、エントランスの天井画を見た。  基壇部の上部(地上約12m)にある八角形状のエントランス大天井に、日本画家の沖谷晃司の「花園に遊ぶクジャク図」の再現画が設置されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その3 新世界の「通天閣」まで

記念館から帰って、ホテルの部屋で夕食とした。  夕食はコンビニから買ったビーフカレーと同じくコンビニから買ったカップ味噌汁と一番安いカンビール2本である。  翌日の朝食は、ヴィアン新大阪ホテル1階の食堂での簡易なバイキング朝食である。  ヨーグルトも入れて、健康に気配りしながら美味しくいただいた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その2 司馬遼太郎記念館で

 書斎の中には入れないので、書斎の前から窓越しに執筆当時のままにしてある書斎を覗き見た。  暖かそうな毛皮で覆われたゆったりした椅子が、とても印象に残った。  この椅子に日がな一日座りながら、司馬さんは多くの小説や「街道をゆく」の構想を練っていたと思うと、椅子自体が日本の知識人を代表する司馬さん自身のように思えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その1 司馬遼太郎記念館への道

 新潟から上越新幹線に乗り、東京から東海道新幹線に乗り換えて大阪に向かった。  台風の影響は今のところはさほど出てなく、東海道新幹線は運行停止となることもなく、無事新大阪駅に、定時で到着した。  朝食は新潟駅で買った鳥弁、昼食は何を食べようか少し迷ったが、新大阪駅内のレストランに入って、手頃な値段の「牡蠣フライサービ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 プロローグ

 2017年(平成29年)10月29日(日)から11月6日(月)まで、8泊9日の日程で大阪と和歌山を旅した。  東京へは今まで数回ほど旅しているので、旅への不安というものはほとんど生じなかったのだが、大阪への旅は今まで1回もしたことがなく、キタとミナミすらまったく体験したこともなかった。  有名なグリコの巨大看板…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more