テーマ:大阪散歩

大阪散歩 その49  「司馬遼太郎への旅」の終わり 

 「司馬遼太郎への旅」は今回で最終回とする。  これから訪れるのは、司馬さんの街道をゆく「堺・紀州街道」の中で司馬さんが訪れた赤字アの南宗寺と、赤字イの「阪本のほねつぎ」から入る旧紀州街道である。  「さかい利晶の杜」で時間をとってしまって、肝心の「堺・紀州街道」の中の予定地を見る時間が少なくなったので、大急ぎでバスに乗り、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その48 宿院散策  

 バスで橋本駅まで行き、そこから南海鉄道高野線に乗って難波までいき、そこから電車を乗り継いで、今夜泊まるコンフォートホテル堺に午後3時頃に到着した。  2時間ほどホテルのベッドで寝てから風呂に入って、それからホテル近くの前に食べたことのある中華食堂で、再び前と同じ焼肉定食を食べ、生ビールも飲んだ。  料金は1200円程度だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その47  金剛峯寺を見て高野山を去る

 最後に見学したのは高野山一山の総本山である金剛峯寺で、高野山全体が金剛峯寺の境内とされていて、この寺の住職は座主と呼ばれて高野山真言宗の管長を務めている。  ここから金剛峯寺に入っていく。  しばらく歩くとこの正門であるが、この正門は金剛峯寺の建物の中で最も古い歴史を持った門で、昔は天皇や皇族や高野山の住職だけしか通る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その46  空海の御廟に到達 

 奥の院は霊廟であるが、霊廟の本来持っている暗さが全くなく、清潔で透き通るような風に洗われているような気分にさせる場所である。  ここは結城秀康の墓所である。  秀康は徳川家康の次男で、越前松平家宗家初代である。  そのほぼ向かい側の、横道を入ったところに浅野内匠頭墓所があった。  いずれも江戸時代を生きた人たちの墓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その45 高野山奥の院に入る

 これから高野山奥の院に入る。  奥の院は高野山の信仰の中心であり、弘法大師空海が永遠に生き続けている壇上伽藍と並ぶ最高の聖地である。  一の橋から御廟まで約2キロメートルの道のりには、樹齢千年に及ぶ杉木立の中に、諸大名を初めとして著名人の方々の墓や無名の方々の墓までありとあらゆる方々の墓が、祈念碑や慰霊碑まで含めると20万基を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その44  高野聖

 それではこれから、高野山の「精神」の中心である「奥の院」まで歩くことにする。  ところで、司馬さんの「高野山みち」には、壇上伽藍も奥の院も登場しない。  ここで司馬さんの興味の対象となったのは、高野聖と言われた人たちが住んだ「真別処」という場所と、異端と言われた日本密教の真言宗の一法流である「立川流」である。  「空海の風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その43 密厳院に泊まる

 今夜の宿は密厳院であるが、泊まる場所には何の問題もなかったが、夕食場所には苦労した。  密厳院の近くの店で夕食を食べようと考えていたが、その店の主人が病気がちと言うことで、店が閉まっていて結局別の店で夕食を食べた。  この辺の食堂は昼飯までは出しているが夕方早くに店を閉めてしまうので、食堂を探すのに苦労した結果、午後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その42 壇上伽藍と大門を散策

 町石1番石のある場所から、町石ゼロの場所である壇上伽藍に向かって歩いている。  正面に見える門は、高野山開創1200年を記念して2015年に再建された中門であるが、このように周囲より一段高く壇上伽藍上に建てられている。  宇宙を物質と精神の二元論で捉えた空海の世界の中へ、正面から入っていく。  この中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その41 高野山「壇上伽藍」へ向かう。

 九度山から橋本駅に帰り、返却予定時間より3時間半早い11時半に、駅前のトヨタレンタに車を返却したので、差額の3000円が戻ってきた。  駅前のコンビニで安寿司を買い、橋本駅前から高野山駅まで電車の代行として走っている満員の大型観光バスの中で、身を縮めてこの昼食を食べた。  高野山へ向かう道は結構渋滞もあったが、2時間ほどかかると聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その29 西行墓(西行墳)にて 

 西行堂でしばらく休んでから、西行墓(西行墳)を目指して石畳の急坂を登っていく。  実は去年の春桜の終わる頃に吉野山を旅したことがあり、奥千本にある西行庵まで行って西行を偲んでみたかったのだが、土日しかここまで行くバスが運行して無いということで、残念な思いをしたことがある。  今回西行終焉の地である弘川寺を訪れる機会を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more