テーマ:釣り

2018年9月14日 9月の藤沢川の釣り その1「日本列島ほぼ被災地」の中で

 今年の7月、8月と日本国の異常気象は続き、2018年9月6日にはついに北海道で地震が起き、沢山の犠牲者と甚大な被害をもたらした。  日本列島は北海道、東北、近畿、中国、四国、九州、沖縄と被災地ばかりとなってしまった。  そんな中、8月末に1週間ほど次から次と襲い掛かってくる台風の合間を縫って、一部被災地が出ている鳥取県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年8月4日 メジロアブの出ない8月の大石川 その3 鮖谷集落の高台 

釣りが終わったが、実はこれからが今日の本番となる。 大石川の川沿いには七つの集落があり、河口から下川口、上川口、蔵田島、久保、安角、鮖谷、大石となる。 鮖谷集落は川沿いに24戸、高台に6戸、計30戸があり、裏の高台には約35ヘクタールの農地があるという。 その農地を農地よりさらに高い場所にある7か所の溜池が潤してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年8月4日 メジロアブの出ない8月の大石川 その2 鮖谷橋上・下流を釣る

 今日もいつもの道を通り、大石川で最も入渓頻度の高い鮖谷に到着した。  この鮖谷橋の上流と下流を釣ることにする。 釣りの前に、まず朝食となる。  今日のメニューはコンビニで買った580円の生寿司である。  みそ汁は有明の海海苔、果物は家庭菜園で採れた2個のトマト、そして冷蔵庫の奥から持ってきた2個のトウモロコシである。 まだ朝の8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オホーツク街道」の旅 その5 気分だけは最高潮のまま、今回のイトウ釣りの全日程を終える

 猿払川のセカンドステージは新猿払橋の下(2の場所)である。  この川を熟知していて年間50匹以上のイトウを釣り上げる地元釣り師とは違って、僕はこの川を何も知らないのである。  今日初めてこの川に会って、今日初めてキャストするのである。  ただ、出会い頭の偶然ということも世の中には有りうる事で、石狩川で58cmの虹鱒に出会った時のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年8月4日 アブの出ない8月の大石川 その1「日本国の異常気象」の中で(k)

 今年の7月はこれから将来に頻繁に起こるだろう「日本国の異常気象」を象徴するようなことになった。 7月初旬の西日本豪雨は、広島、岡山、愛媛の三県を中心に、中国、四国、九州地方に甚大な被害をもたらした。 豪雨被害は、このところ毎年日本各地に起こっていて、しかも年々被害の規模が大きくなっているようである。 特に倉敷市真備町(このあたりに鉄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年7月14日 「夏の盛り、7月の女川」 その4 一生幸せになりたかったら

今日の釣りは終わった。 釣りを終えて着替えると、すぐに「女川ハム工房」へ向かった。 工房で作られた美味しそうなハムが大きな冷蔵庫の中に並んでいる。 この中から選んだのが、豚肉のモモの干し肉で作った「ちょいワルの酒の肴」と豚肉のウデの干し肉で作った「湯上り熟女の酒の肴」である。 実は子どもの結婚相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オホーツク街道」の旅 その4 猿払川でイトウに挑む!!

 地図上の3番目の川は「猿払川」である。  猿払川は北海道の中でも最も数多くイトウが生息し、個体数が安定している数少ない河川。  湿原をゆっくりと流れ、下流域の川底が深い場所では水中はほとんど見えず、スケールが大きく、力強さを感じさせるその流れは、幻の魚イトウが潜むには迫力十分。    猿払川下流部の写真の右手真ん中よりボロ沼に続く水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第103回はエジプトのアレクサンドリア

 偉大な古代文明を築いたエジプトは、たった1回ではその全容を把握できませんので、以前「インターネットで旅した釣り師のブログ」から、ナイル川に沿って、アレクサンドリア、カイロ、ルクソール、アスワンの4回に分けて紹介します。  アレクサンドリアは、カイロに次ぐエジプト第2の都市である。  現地語であるアラビア語ではアル=イスカンダリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年7月14日 「夏の盛り、7月の女川」 その3 小和田橋下流を釣る

次に、小和田橋下流の方へ行った。こちらの方は、いつもこの女川で釣っている、シマノの中国製の「天平」という5.3mのカーボンロッド(自重105g;12本つなぎ)で釣る。この棹は軽く使い勝手もいいので、同じものを2本持っていて、今日は古い方で釣ることにした。 まず、小和田橋下流に入ってすぐのところで1匹小さいのが出た。ここら辺はいたる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年7月14日 「夏の盛り、7月の女川」 その2 小和田橋上流を釣る

源流釣行の世界に少々浸った後で、アウトドアでの朝食である。 メニューは「ハムチーズたまご」と「ジューシーハム」のサンドイッチと有明海の海苔を使ったみそ汁である。 デザートはこのトマト、家庭菜園で採れた「もぎたてのトマト」を、能登半島を旅した時に買った「能登の塩」でおいしくいただいた。もちろん最後はいつものUCCコーヒーで締めて、さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オホーツク街道」の旅 その3 猿骨川で釣り師の夢を満喫!!

 僕は今、猿払村のど真ん中にいる。  「思いっきり大きいイトウに会いたいなら猿払村に行け」、イトウ釣りを少しでも目指す者が最初に出会う言葉が、この言葉である。  猿払村は北海道最北の村、日本で2番目に広い。北海道の中でも特に寒さの厳しい地域で真夏は最高でも30℃に達しない年も多く、厳冬期には気温が-20℃くらいまで下がり、もちろん海には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年7月14日 「夏の盛り、7月の女川」 その1 源流釣り師に出会う(k)

 7月に入って最初の釣りだが、今日は女川の小和田橋の上流と下流を釣ることにした。もちろん釣りの対象は7月解禁となったアユではなくいつもの山女、アユ釣りの季節は彼らを避けながらの釣りとなる。この小和田橋に7時半過ぎに到着して朝飯の準備をしていたら、トヨタFJクルーザーに乗った二人組が小和田橋手前で右往左往してから停まって、そのうちの一人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第102回はモーリタニア

 モーリタニアはアフリカ北西部に位置する共和制国家で、北西に西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)、北東にアルジェリア、東と南にマリ、南西にセネガルと国境を接し、西は大西洋に面しています。  首都はヌアクショットで2015年の人口は約406.8万人、アフリカ世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟に加盟し、またアラブ・マグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月23日 「神の意に沿う6月」の釣りⅢ 大石集落裏を釣る その3 「胎内の釣り師」

 釣りを終えて時間を見ると、午前11時半になっていた。  今日はいつものコースをやめて、ほんの少し贅沢をすることにした。  贅沢の内容だが、500円出して「えちごせきかわ桂の関温泉ゆーむ」で釣りの汗を流す代わりに、800円出して「ロイヤル胎内パークホテル」で汗を流すのである。  朝と同じ道を戻って、黒俣集落で道を左…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オホーツク街道」の旅 その2 「え、もう釣れちゃったの?」とバイブルに出ていた知来別川だが・

 6月26日(火)、今日はイトウ釣りに挑戦する一日である。 イトウ釣り以外は何もしない、真面目に極北の大魚イトウに大真面目にチャレンジすることを目的とした一日である。  イトウは体長は1mから大きいものでは1.5mに達し、記録上最大のものでは、1937年(昭和12年)に十勝川でおよそ2.1mのイトウが捕獲されたことがあるという。  こう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月23日 「神の意に沿う6月」の釣りⅢ 大石集落裏を釣る その2 「珠玉の時」

 大石集落のこのバス停の横から集落の中に入っていく。  そして道の脇の空き地に車を停めて、釣りの開始である。  もちろん今回も使用する棹は、伊藤稔の開発した大石川を釣るためにあるような期待の棹「琥珀本流零」である。 ちょうど集落の方々の草刈りが何日か前に済んだとみえて、河畔に生い茂ったヨシなどの雑草がきれいに刈られていて、釣り場の各…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第101回はリビア

 リビアと言えば、良いにせよ悪いにせよ、40年以上独裁政権を続けたカダフィが強烈な印象として残っています。(地球の歩き方)  リビアは北アフリカに位置する共和制国家で、東にエジプト、南東にスーダン、南にチャドとニジェール、西にアルジェリア、北西にチュニジアと国境を接し、北は地中海に面し、海を隔てて旧宗主国のイタリアが存在し、首都は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月23日 「神の意に沿う6月」の釣りⅢ 大石集落裏を釣る その1 大石川に到着

 大石川は釣り師にとってはとても魅力的な川である。  岩魚を釣るなら大石ダムへ流れ込む東俣川、中俣川、西俣川で、これらはいずれも本格的な源流釣行の対象となる川である。  東俣川の大淵には50cmクラスの大岩魚が無数にいたという話を聞いたことがあるが、実際にこれらの沢を釣ったことは一度もない。  ここは単身で釣る釣り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探険家の歴史 第2部 アマゾン河の旅 その5 イキトスにて ピラルクー釣りにチャレンジ

 イキトスは、ペルーの国土の60%を占める熱帯雨林のジャングルの中にポッンと築かれた、人口30万程の町である。  そこはもう、モンゴロイドの末裔の住むペルーの国であり、僕ら東洋人にとってはどこか懐かしい、故郷に来たような思いを呼び起こす町でもある。   イキトスの町です。↑  ここへは陸路でいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開高健 ニューヨーク編①

人は昨日に向うときほど、今日と明日に向っては賢くなれない。 By 開高健 昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう。 By アルベルト・アインシュタイン 歴史を訪ねて、未来を知る。 By ジュンチャン
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イトウ釣りの旅(オホーツク街道) その1 イトウ釣りの初日

 今日の旅、6月26日(火)の旅の日程は以下のとおり。   去年の9月にも稚内に来たのだが、その時は台風15号に追われてのまことに不遇な旅だったので、見落とした場所が沢山出来た。  今年の旅はそれを補いながらの「オホーツク街道」の旅となる。  今日からの旅が事実上のスタートとなる旅で、昨日の鰊(ニシン)街道の旅は前座の旅。  去年も泊っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月23日 「神の意に沿う6月」の釣りⅢ 大石集落裏を釣る その1 大石川に到着

 大石川は釣り師にとってはとても魅力的な川である。  岩魚を釣るなら大石ダムへ流れ込む東俣川、中俣川、西俣川で、これらはいずれも本格的な源流釣行の対象となる川である。  東俣川の大淵には50cmクラスの大岩魚が無数にいたという話を聞いたことがあるが、実際にこれらの沢を釣ったことは一度もない。  ここは単身で釣る釣り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月17日 「神の意に沿う6月」の釣り 大石川 その4 「幸せな釣り師」の特権

 「申し訳ないが気分がいい1日」は、まだ続いている。  また釣り下って、この細長い大淵を攻めたが、ここでは1匹もでなかった。  淵の左方の淵からの流れ込み地点で、この山女がでた。  ここでは2匹の山女が釣れた。  さらに釣り下って、この辺りでまた入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開高健  オーパ!!

 憧れのアマゾンとアンデスだが、いろんな作家がアマゾンのことを書いている。  僕は、中でも開高健の「オーパ!」に魅かれる。  アマゾンの本拠地ブラジルでは、驚いた時や感嘆した時に「オーパ!」という。  この本は、そんな驚きの連続となる彼のブラジル釣行の記録である。  でも、この本にはちょっとしたほの酢っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サロベツ川の旅  その6 3回戦、最終戦も完敗

3回戦は、サロベツ原野が舞台のイトウ釣りの最終戦。  兎に角台風15号の動向を見ながらの日程調整となっているので、今回のイトウ釣りは、赤③の開運橋が最後の舞台となった。 開運橋上からサロベツ川上流方向を眺めたが、川面に白い雲が浮かんでおり、いかにも大物イトウが潜んでいそうな気配。 1回戦、2回戦の時よりはずっと期待が持てそうだと、焦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第100回はモロッコ

 モロッコは北アフリカのマグレブに位置し、西は大西洋、北は地中海に面していて、ジブラルタル海峡を渡ればスペインというロケーションもあり、映画「モロッコ」や「カサブランカ」の舞台で知られるヨーロッパとアラビアンな雰囲気の漂うエキゾチックな国です。  訪れる街ごとに魅せる異国情緒漂う色彩は、まさに「フォトジェニックな風景」で、インス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月17日 「神の意に沿う6月」の釣り 大石川 その2 釣り場の「鮖谷」に到着

 ところで、この「金俣集落」だが、古くから砂金採取や金掘りに関係したとのことで、集落を流れる大石川支流の小川流域には金掘り跡が随所に見られ、実際に大石川や小川では砂金採取が昭和16年頃まで行われていたという。 今はこの辺りにはそんな気配は微塵もない。 「金俣集落」を流れる小川は、大石川の山女が本格的に連れ出す6月までの、格好の山女や岩魚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月17日 「神の意に沿う6月」の釣り 大石川 その2 釣り場の「鮖谷」に到着

 ところで、この「金俣集落」だが、古くから砂金採取や金掘りに関係したとのことで、集落を流れる大石川支流の小川流域には金掘り跡が随所に見られ、実際に大石川や小川では砂金採取が昭和16年頃まで行われていたという。 今はこの辺りにはそんな気配は微塵もない。 「金俣集落」を流れる小川は、大石川の山女が本格的に連れ出す6月までの、格好の山女や岩魚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more