テーマ:釣り

奴奈川姫の川「姫川」の源流で釣る その1

 姫川の源流で渓流釣りをする機会を持った。  姫川は河川総延長距離がたった58km、しかしその平均勾配は1000分の13ということで、まさに日本の川の典型のような短い急流の川である。  姫川は名前も美しい、その急峻な流れも美しい。  川の名前のルーツは古事記にまでさかのぼるが、古代、姫川下流の越(高志)の国に、奴奈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の中の川 第7回 海府(笹川流れ)の小渓流 NO1

第7回は海府(笹川流れ)の小渓流である。平成21(2009)年から平成25(2013)年までの5年間、5月の連休の間に1泊2日の日程で、海府(笹川流れの)の小渓流へ釣りに出かけていた。 この時期はゆきしろが出て、どこの川も増水して釣りにならない。それで、山菜採りを兼ねて、海府(笹川流れ)の小渓流に釣りに行っていた。宿泊したのは勝木の山北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第44回はスペイン

 今回から三回スペインを旅しますが、この国はスペインを愛した日本人から紹介してもらうことにします。  その人の名は俳優の天本英世です。  彼は戦争末期を生き延び、終戦後に東大法学部を中退し、俳優になりました。  天本がスペインに傾倒するきっかけとなったのは音楽で、少年の頃よりクラシック音楽に馴染み、やがて民族族音楽へと入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また釣れた、今日は大漁 夢の中・・・・

  7月16日(月)は海の日、九州では大雨だが、新潟の今年は今のところはさほどでもない降り。  去年の7月の梅雨末期の季節は、福島県と新潟県で豪雨が続き、今年の九州並みの洪水となった。  もちろん、今年も予断は許さないが、梅雨空が久しぶりに晴れ、猛暑の夏空の一日となったので、山女釣りに出かけた。      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四月の藤沢川で今年初めての山女をゲット!!

 霊峰「光兎山」にウサギの残雪がくっきりと見えるようになる頃、山里の藤沢川沿いの集落にも遅い春が到来する。  家の周りの桜の花は満開となる。  川傍の土手に無造作に植えられた水仙の花も満開である。  1年中で一番華やかな季節が始まったのである。  この景色の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の中の川 第6回 小川(k)

 第6回は小川である。  大石川の本流に金俣集落を通り大石川に注ぐ支流が小川である。 この川はけっこう上流までいい釣り場が続くということだが、釣り師は堰堤までの黄線部分でしか釣ったことがない。 この小川で、2006年(平成18年)6月18日に27cmの山女と26cmの山女を釣り上げた。 27cmのこの山女は銀毛化していてパーマークが消え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第43回はバスク国

 これから、日本人が「南蛮」と呼んでいたスペインとポルトガルに入っていきますが、ジュンチャンはこの二つの国が、ひいきと言っていいほど好きな国です。  今回はその前座として、この両国にまたがるバスク国(スペインに認められている自治州で独立国家ではない。)を取り上げます。  この国はピレネー山中にあり、大人気の「フランス各地からピレネー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開高 健「オーパ!」アマゾンフィッシング紀行+河は眠らない から開高健の言葉

河は眠らない から開高健の言葉 森を歩いているとよくわかるけれども、 斧が入ったことがない、 人が入ったことがない森、 というのがそこらじゅうにいっぱいある。 それで土が露出していないで、 シダやらなんかに覆われているが、 草とも苔ともつかないもので森の床全部が覆われている。 それから風倒木が倒れてたおれっぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年6月26日 続ワラビの季節 その3 ワラビ採りⅡ

 朝飯前に2カ所ほど釣り場を廻って、いつもの女川と藤沢川の出合いでタロウさん淵の見える場所で朝食とした。  ここは景色も良く、ここで落ち着いて食事をすると、渓流釣り場に来たんだなあという気持ちが自然に湧いてくる。  朝食は今回も、前回とほぼ同じメニューで、サンドイッチと納豆巻きと家から持参したトマトにバナナに、豚汁の味噌汁である。 以前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第42回はリヒテンシュタイン

 今回も、ヨーロッパのミニ国家を取り上げます。  ミニ国家とは規模の非常に小さい主権国家のことで、極小国家、微小国家、マイクロステートなどともいいます。  今回取り上げるのは人口35000人くらいのリヒテンシュタインで、中央ヨーロッパに位置する立憲君主制国家となっていて、スイスとオーストリアに囲まれているため、「二重内陸国」(海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の中の川 第5回 仙見川

 第5回は仙見川である。 「どうせ人生歩くなら、旅するように人生を歩いてみたい」 とロシアを旅した学生の頃から思っていたが、その思いが実際に実現するのは、スバルレオーネツーリングワゴン1800STを手に入れた時からである。  この車を購入したのは昭和62年のこと、西暦で直せば1987年の7月のことだったと記憶している。  車の名もツーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年6月26日 続ワラビの季節 その2 ワラビ採りⅠ

 「旅するように人生を生きていくスタイル」を支えてくれた我がスバルレガシーツーリングワゴンに乗って、6月26日(土)午前4時半前に我が家を出発、途中でいつものようにコンビニで朝・昼食を購入、釣具屋で餌のミミズを買って、女池インターから新新バイパス(新潟~新発田間)に乗り入れ、新発田インターで下車した。 自宅から60km程走って、午前6時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の中の川 第4回 山熊田川と金剛川(D)

 新潟県の最北端を流れる川が府屋大川で、その支流が中継川と小俣川である。 小俣川は雷集落で向川と雷川に分かれる。 一方、中継川は山熊田集落で金剛川と山熊田川に分かれる。  第4回は2005年5月21日に中継川の源流集落である山熊田集落に行った時に釣った山熊田川と金剛川である 新潟県村上市の山あいにある山熊田集落は人口40人あまりの小さな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第41回はヨーロッパのミニ国家

 今回と次回は、ヨーロッパのミニ国家を取り上げます。  ミニ国家とは規模の非常に小さい主権国家のことで、極小国家、微小国家、マイクロステートなどともいいます。  成立には二通りあり、一つ目が宗教的意義からある地域に特権的な地位が認められ、国家となっている例で、バチカンがこれにあたります。  二つ目が、小国が近代国民国家の形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年6月26日 続ワラビの季節 その1 「旅するように人生を生きてみたい」  

 6月21日、午前中から出していた車の定期点検が無事終わって夕方帰って来たが、点検パックというものに入っていたおかげで、今回は4000円弱の出費で済みそうだ。 今乗っている車はスバルレガシーツーリングワゴンで、その前はスバルレオーネツーリングワゴンに乗っていた。 「どうせ人生生きるなら、旅するように人生を生きてみたい」という思いが、ロシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年8月の早朝アジ釣り 2回目と3回目

 4年ぶりに、「8月の好天の早朝だけ、朝飯前の1時間ほど」アジ釣りをすることにしたが1回目は8匹が釣れた。  2回目の8月11日(火)も、先回以上の釣果を期待して、午前5時に家を出発し、15分くらいで釣り場に到着、午前5時半には準備を終え、棹を河に投入した。 釣り場も、先回と同じ「信濃川ウォーターシャトル」乗り場付近で、今回も、2本の棹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の中の川 第3回 関川村A沢

  第3回は、2004年6月27日に釣行した関川村A沢である。 季節は既に夏で、梅雨時期の晴れ間をぬっての釣りで、一面緑の田んぼの畦道に、ピンク色の可愛い花が咲いていた。 A沢を抱える森は、一層緑の色を濃くして深くなっていく。 この沢で尺岩魚を釣ったのは2002年5月19日に釣った33cmが初めてであるが、この日この沢で2匹目の尺岩魚を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釣り師ジュンチャンと世界を巡る 第40回はオーストリア(D)

 オーストリアは西欧とロシアの間に位置し、中欧に650年間ハプスブルク家の帝国として君臨し、第一次世界大戦まではイギリス、ドイツ、フランス、ロシアと並ぶ欧州五大国(列強)の一角を占めていました。  首都「ウィーン」は、長きにわたりヨーロッパの中心都市として音楽や建築など多様な芸術文化が花開いた都市であり、その名残は今も街のあちこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年6月12日 ワラビの季節 その3 光兎神社前で釣る  

 さて、ワラビ採りがひと段落したところで朝食、時間は午前7時55分となっていた。 朝食場所は女川最下流集落の桂集落の川べり、今日は曇りで朳差岳の残雪も全く見えないし、このあたりの女川の川水はほとんど止まっているようである。 今朝の朝食メニューは、ジューシーハムのサンドイッチ、納豆巻き、なめこの味噌汁、そして家の冷蔵庫から持ってきたトマト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年6月12日 ワラビの季節 その2 大石川と女川でワラビ採り

 6月12日土曜日午前5時過ぎに自宅をスタートし、コンビニで朝食と昼食を買い、釣具屋で餌のミミズを一箱買って、いつもの道を走って大石川に辿り着いた。 大石川の鮖谷集落前の釣り場に到着したのは、午前6時26分のことである。 天気予報では今日は曇りで、雨は降らないようである。 車を停めたのは鮖谷橋を走り抜けた大石川左岸のいつもの場所で、釣り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年6月12日 ワラビの季節 その1 我が家の庭

 コロナの時代の2年目、4月も終わりに近づいたが、我が家の庭は例年になく賑わっている。 それというのも、今までこんなに鮮やかに花びらを付けたことがないキングサリが、まるで黄金の十字架のように派手に左右の両枝いっぱいに派手な黄色の花びらをつけてくれたからだ。 南米のアンデスにでも行ったような感覚がして、半月くらいはこの状態が続いて楽しませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の中の川 第2回 1992年の中継川

過去の釣行時に撮影した記録写真を元に、思い出の中に入ってしまった、もしくはすっかり忘れてしまった釣行のことを書くことにする。  釣り師の渓流釣り記録の中で記録に残っているのは、平成4年(1992年)4月18日の中継川釣行の時からで、この時初めて尺岩魚(31cm)を、山田さんの指導で釣り上げた。  師匠の山田さんが、まるで自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第39回はスイス

スイスはドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインと国境を接した内陸に位置し、国内には多くの国際機関の本部が置かれています。  スイスといえばまず、アニメ作品の「アルプスの少女ハイジ」ですっかり有名になったアルプスが作り出す「美しい山々と湖が広がる大自然」が、第一に目に浮かびます。  そんな「アルプスの少女」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の中の川 第1回 2004年6月の中継川

 今回から、過去の釣行時に撮影した記録写真を元に、思い出の中に入ってしまった、もしくはすっかり忘れてしまった釣行のことを書くことにする。  初回は2004年6月に釣行した中継川である。  中継川は釣り師の現職時代に、その職場で非常勤嘱託をしていた山田さんについて行って初めて釣った川で、その後も十数年の間山田さんと誘い合わせてこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第38回はフランス

 フランスは西ゲルマン民族のうちのフランク族が建国した国で、フランカ(投げ槍)を武器にしていたためフランク族と言われ、それが国の名前となりました。(フランスとは、投げ槍のうまい国の意味)  フランスはドイツ、イタリア、イギリス、ロシアと並ぶ大国で、19世紀から20世紀半ばまでの帝国主義時代は、イギリスと並ぶ植民地王国でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第37回はイタリア

 今回は世界的な観光地のイタリア、ピザやパスタでも有名ですね。  ファッションと芸術の都ミラノ(ミラノ大聖堂など)、水の都ベネチア(サン・マルコ大聖堂、ドゥカーレ宮殿、ブラーノ島)、花の都フィレンツェ(ウフィツィ美術館、サンタ・クローチェ教会)、永遠の都ローマ(コロッセオ、トレビの泉、スペイン広場)などなど、観光地だらけの国です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュンチャンと世界を巡る 第36回はルーマニア

 今回は、ブルガリアとハンガリーも、ルーマニアと一緒に旅します。  この国々も、ルーマニアと国の成立が似ていて、興味深い国々です。  ヨーロッパは、アジア人種であるフン族の民族大移動により、ゲルマン民族が西方へ追いやられ、ヨーロッパ諸国の原型の国々を形作って行ったという経緯があります。(この民族大移動で、原住民のケルト民族はアイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more