テーマ:日本画

上村松園の序の舞など

上村松園  京都市下京区四条通御幸町の葉茶屋「ちきり屋」の次女として生まれ、京の伝統文化に育まれた松園は、明治・大正・昭和を通して生涯、「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵」、「真・善・美の極致に達した本格的な美人画」(松園のことば)を念願として女性を描き続けた。  日本画家の上村松篁(しょうこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉山 寧 野ほか

 杉山 寧(すぎやま やすし、1909年10月20日 - 1993年10月20日)は、日本画家、日本芸術院会員、文化勲章受章者。  長女・瑤子が三島由紀夫と結婚。三島は瑤子を選んだ理由について「芸術家の娘だから、芸術家に対して何ら幻想を抱いていないこと」を挙げた。              「野(の)」大学の卒業習作で、首席…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本を代表する女流画家  ―小倉 遊亀―   

小倉 遊亀(おぐら ゆき、1895年3月1日 - 2000年7月23日)は、日本画家。本名、ゆき。旧姓、溝上。滋賀県生れ。奈良女子高等師範学校。  1926年に院展に入選し、1932年に女性として初めて日本美術院の同人となる。色彩に富む人物画や静物画が特徴で、上村松園とともに日本を代表する女流画家。             …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平山郁夫の作品から「入涅槃幻想」など

 平山郁夫  旧制広島修道中学(現修道中学校・高等学校)3年在学中、勤労動員されていた広島市内陸軍兵器補給廠で広島市への原子爆弾投下により被災。この被爆経験が後の「文化財赤十字」活動などの原点になっている。  第二次世界大戦後は実家に近い旧制忠海中学(現広島県立忠海高等学校)に転校した。ここでは高橋玄洋と同級生と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「阿房劫火」 木村 武山 

 明治9年~昭和17年(1876~1942)茨城県笠間市に生まれる。本名 信太郎。 明治23年(1890)上京し川端玉章に師事する。翌年東京美術学校に入学、29年卒業し、同校研究科で学ぶ。 31年天心の率いる日本美術院に副員として参加する。 39年日本美術院第一部(絵画)の五浦移転に際し、一家を伴い移住し、制作に励む。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菱田春草、《落葉》《黒き猫》

 菱田春草は明治7年、飯田・仲之町の生まれです。東京美術学校で絵画の諸技法を学び、明治31年には岡倉天心の指導下で創立された日本美術院に参加しました。そして同院にて没線主彩の絵画技法の研究に取り組みますが、画面が暗濁化する傾向をともなうこの技法は「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれて批判を受けました。  明治36年、春草は天心の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白狐 下村観山

下村観山  1873年~1930年  日本画家。本名下村晴三郎。1873年紀州徳川家抱えの能楽師の子として和歌山に生まれ、8歳で東京に転居。藤島常興、狩野芳崖、橋本雅邦に師事する。東京美術学校(現:東京藝術大学)に第1期生として入学。卒業後、同校助教授となっている。  1898年東京美術学校校長であった岡倉天心が東京美術学校騒動で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more