アクセスカウンタ

釣り師ジュンチャンのブログ

プロフィール

ブログ名
釣り師ジュンチャンのブログ
ブログ紹介
 新潟の山北や関川で、平成に入ってからずっと渓流釣りを楽しんでます。
 季節の移り変わりを楽しんだり、山菜採りや栗拾いもたのしんでます。
 遊んでください。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
2017年9月の釣り旅から 藤沢川釣行 その2 カラキ沢で釣る(K)
2017年9月の釣り旅から 藤沢川釣行 その2 カラキ沢で釣る(K)    次に向かったのは、田麦集落から少し下流に位置する藤沢川支流のカラキ沢である。  田麦集落堰堤での釣りでかなり緊張したが、ここもやはり熊が出ないとは言えない沢である。  沢のすぐそばの空き地に車を停車し、ここも藪漕ぎをしながら沢の中に降りていく。  沢に入ってすぐのこの中央の淵で、22cmの岩魚をまずゲットした。  ここは先ほどの田麦集落と違って、かなりいけそうな気がしている。  すぐに、先ほどの下流のこの淵で、先ほどより大きな岩魚が出た。  2匹... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 05:41
更に更に続いてロシア人とウォッカの話を 小話その4
1 ロシア女性に聞いた結婚したい人 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 06:27
 2017年9月の釣り旅から 藤沢川釣行 その1 田麦集落で釣る
 2017年9月の釣り旅から 藤沢川釣行 その1 田麦集落で釣る     今シーズンも最後の月、9月となった。  この月は3回の釣行を予定しているが、2回目の釣行ということで、2017年9月16日に藤沢川最上流地域に行った。  中束(なかまるけ)集落にある橋見屋商店横の駐車場で、海苔弁と味噌汁とUCCコーヒーでアウトドアランチを済ませると、藤沢川最奥の田麦集落に向けて出発。  今回は、終戦直後(今から70年前くらい前)までは熊狩りをしていた秘境ムードの漂う田麦集落の前の藤沢川やその奥の藤沢川、その少し下流に位置する藤沢川支流のカラキ沢、今でも集... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/17 08:29
更に続いてロシア人とウォッカの話を少々 ロシアの小話 その3
  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/15 07:58
続いてロシア人とウォッカの話を少々 ロシアの小話その2
続いてロシア人とウォッカの話を少々 ロシアの小話その2    ロシアの小話その2 その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/14 06:31
2017年9月の釣り旅から 大石川釣行 その2
2017年9月の釣り旅から 大石川釣行 その2  次に向かったのは、大石集落の少し上流部である。  かって、ここで20cmクラスの山女を入れ食い状態で釣り上げたことがある場所である。  ここで1時間ほど釣ったが、ここでもやはり小学生サイズの山女しか釣れなかった。  なかなか釣れない中で、もっとも山女が食いついてきたのがこのポイントである。  この山女は、ここで釣り上げた小学生サイズのものである。  ここでも、黄四角の場所で先ほどの25cmオーバークラスより更に大きい山女と思える魚が掛かったが、取り込... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/13 06:28
ロシア人とウォッカの話を少々
ロシア人とウォッカの話を少々  飲食という観点でロシア人の第1印象を一言で言えば、「ウォッカとキャビアとボルシチ」となる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 11:40
 2017年9月の釣り旅から 大石川釣行 その1
 2017年9月の釣り旅から 大石川釣行 その1    今シーズンも最後の月9月となった。  この月は3回の釣行を予定しているが、まずその1回目の釣行ということで、2017年9月10日に大石川に行き、カジカ谷に車を停めた。  ここの駐車スペースで、いつものように朝飯はコンビニ弁当でのアウトドアランチである。  今日は麻婆丼の朝飯とネギの味噌汁、もちろん食後はUCCコーヒーでしっかり締める。  季節はやはり秋の気配で、ススキが風になびき、その上の栗の木にはもうすぐ採り頃となる栗が沢山付いている。  最初は、この鮖谷(... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/12 06:37
ロシアのアネクドート傑作集から(これで最後) その15 ロシア(ソ連)
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 05:23
古い歴史や史跡を沢山抱えている桂集落の前の女川で釣る
古い歴史や史跡を沢山抱えている桂集落の前の女川で釣る  鮎釣りのメッカ、朴坂(ホウサカ)前の女川から、場所を変えて古い歴史や史跡を沢山抱えている桂集落の前の女川に釣り場を移した。  平成17年6月6日のことである。  このあたりの女川からは遠方に残雪を頂く山嶺が綺麗に見えるので、釣りをしていても気分が高揚する。  この黄矢印で示した黄線の範囲の女川右岸で小1時間程釣った。  赤字ワはワラビのことで、ワラビは6月の今頃になってもここらの道端に幾らでも生えている。  また、桂橋下流の女川の岸辺には、4月中旬から下旬にかけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/09 13:25
鮎釣りのメッカ、朴坂(ホウサカ)前の女川で山女釣りにチャレンジ
鮎釣りのメッカ、朴坂(ホウサカ)前の女川で山女釣りにチャレンジ    今まで2〜3回しか釣ったことがない朴坂(ホウサカ)集落と桂集落の前の女川で釣りをした。  朴坂(ホウサカ)集落前の女川は、7月からの鮎解禁のシーズンになると、20m位の間隔で鮎釣り師達が居並ぶ、女川の典型とも言える鮎釣場となる  朴坂橋の下流方向は今まで2回ほど入渓したことがあるが、申し訳程度に可愛い山女が2匹ほど釣れたことがある。  釣りはすぐにやめ、写真右手の原っぱでコゴメ採りをしたことを覚えている。   今回は一度も入ったことがない朴坂橋の上流で釣ること... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/09 06:03
ロシアのアネクドート傑作集から その14 ロシア(ソ連)
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/08 05:21
熊が出ないとは言えないカラキ沢で釣る
熊が出ないとは言えないカラキ沢で釣る  集落のリーダーが今でも熊狩りに参加している千刈(せんがり)集落から、戦争直後(70年くらい前)まで熊狩りをしていた田麦集落に行く途中に、カラキ沢という沢がある。  熊が出ないとは言えない沢(地元の人の話では熊の好物である山菜や栗などの前で余程頑張っていない限りは、熊に遭遇することはまずないという意味)だが、渓流釣りとコゴメ採り程度なので、多少緊張しながら、このカラキ沢に入った。  この写真の時は、2013年の5月のことである。  この田麦2号橋の架かる沢がカラキ沢で、写真右... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/07 13:24
ロシアのアネクドート傑作集から その13 ロシア(ソ連)
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/07 07:13
ロシアのアネクドート傑作集から その12 ロシア(ソ連)のキツイジョーク
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/06 05:59
小和田集落あたりの女川のこと その3 一生幸せになりたかったら・・・・・
小和田集落あたりの女川のこと その3 一生幸せになりたかったら・・・・・  先ほどの淵の上に咲く岩ツツジが、黄矢印の位置に見える場所まで上がってきた。  ここは女川がU字状に近い形で曲がっている場所の底にある淵である。  けっこうこの淵からは良型の山女が釣れるのであるが、この日はさっぱりで、その理由もすぐにわかった。  ルアーでの先行者が入っていて、彼とこの場所ですれ違ったのである。  彼の釣果を聞くと、20cm級の山女が5〜6匹釣れたとのことだった。  それでは釣れないと思ったが2〜3回キャストして、ようやく20cm足らずのこの山女を1匹... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/05 14:51
ロシアのアネクドート傑作集から その11 ロシア(ソ連)の話
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/05 06:30
小和田集落あたりの女川のこと その2
小和田集落あたりの女川のこと その2  小和田集落すぐの堰堤を超えて、更に上流へ進んでいく。  ここで紹介するポイントは地図の右方部分で、ヤ(山女を釣り上げた場所)、イ(岩魚を釣り上げた場所)がこれ以外にも数十箇所もある場所である。  このポイントは川が下方に大きくU字を描いていて、なかなかの好ポイントとなっている。  まずこのポイントの最初の淵であるが、この淵で大物が釣れたことは一度も無い。  この淵の先端部分の、川水が淵に流れ込む部分から5m位の場所で、かなり大きな岩魚や山女がヒットしたこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/04 14:45
ロシアのアネクドート傑作集から その10 ロシア(ソ連)の話
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/04 06:26
ロシアのアネクドート傑作集から その9 ロシア(ソ連)の話
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/03 06:19
ロシアのアネクドート傑作集から その8 アメリカとロシア(ソ連)の話
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/02 06:54
小和田集落あたりの女川のこと その1
小和田集落あたりの女川のこと その1  関川村を流れる女川の最奥の集落が、小和田集落である。  小和田集落から入り、女川の左岸の崖道を歩いて行くと、その崖地には4月後半から連休の頃にかけて、あちこちに自生しているゼンマイが適度に成長してきて、程よい採り頃をむかえる。  やはり誰のものでも無いこのゼンマイを見過ごすことは出来なくて、僕は年に1回だけ、比較的安全な場所に生えているゼンマイを頂いていく。  せいぜい両手に入る程度の量を頂き、連休にゼンマイ料理を楽しむのである。  10年位前までは、川の水量が多くて釣りが出来な... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/02 05:55
ロシアのアネクドート傑作集から その7 アメリカとロシア(ソ連)の話
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/01 06:33
ロシアのアネクドート傑作集から その6 男と女の話
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/31 06:13
ロシアのアネクドート傑作集から その5 アラカルト 
ロシアのアネクドート傑作集から その5 アラカルト  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/30 07:26
最長虹鱒くんとNO2虹鱒くんの話
最長虹鱒くんとNO2虹鱒くんの話    僕が釣り上げた(捕獲した虹鱒も加える)虹鱒で最長の長さを誇るものは、石狩川の支流牛朱別川(うしゅべつがわ)のまた支流の倉沼川で、2010年(平成22年)9月22日に捕獲した虹鱒である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/29 06:57
ロシアのアネクドート傑作集から その4 レストランでの話
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 06:38
ロシアのアネクドート傑作集から その3 夫婦の話(キツーイ話)
 その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/28 05:45
最長尺岩魚の思い出(D)
最長尺岩魚の思い出(D)    尺岩魚についてだが、30cm以上のサイズを尺岩魚と呼んでいて、岩魚釣り師は、尺岩魚を釣るのが目標であり目的であり、釣り師としての喜びや誇りとなるのである。  最初に尺岩魚を釣り上げたのは平成4年4月18日のことで、村上市(旧山北町)の中継川で31cmのサイズを釣った。  その後も、同じ中継川で、平成11年5月に34.5cmと31cmの尺岩魚を釣り上げた。   中継川での尺岩魚は、これでおしまいである。  それからの尺岩魚は、関川村の女川と、その支流の沢で釣り上げ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/27 09:24
ロシアのアネクドート傑作集から その2 ソ連時代の小話
 ロシアのアネクドート傑作集から その2  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 06:01
ロシアのアネクドート傑作集から その1
 ロシア人は酒の席になると「おい、何か新しいアネクドート知らないか?」と始まる。  アネクドートとは、酒の席で話すロシア人の小話である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 05:45
関川村での釣行から 串コンニャクと温泉とラーメン
関川村での釣行から 串コンニャクと温泉とラーメン  2017年6月18日に、いつもの中束集落から藤沢川に入ったが15cm以下の山女ばかりが釣れ、かなり下った堰堤で20cm位の岩魚をやっと釣った。  藤沢川は今日はこんなもんかなと早めにここを諦めて、女川の最上流の集落である小和田集落から再度入渓した。  ここはまあまあで、型の良い20センチ級の山女が6匹ほど釣れた。  今日の成果は山女が12匹(最長21.5cm)、岩魚が1匹(20cm)である。  午前7時半から釣り始めて11時半位には釣りを止めるので、正味4時間程の、無... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/24 13:17
旧女川村の釣り旅から その3 終戦直後まで熊狩りをやっていた田麦集落で
旧女川村の釣り旅から その3 終戦直後まで熊狩りをやっていた田麦集落で    旧女川村の田麦集落は藤沢川沿いの個数5戸の小さな集落で、村の中心地からは道路距離で約15キロくらい離れている。  ここは関川村の最北の地であり、標高も194mあり、ちょっとした秘境気分が味わえる。  この田麦と書かれている立て看板を入ると、そこは田麦集落である。  春先の4月末にここに釣りに来た頃は、道路の左側の小屋の横で、ゴザを敷きその上でゼンマイ干しに精を出しているおばあちゃんが居て、男の人たちは山へ熊狩りに行ったと言っていた。  僕はそういう集落なんだと思... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/23 11:25
旧女川村の釣り旅から その2 「女川ハム工房」のこと
旧女川村の釣り旅から その2 「女川ハム工房」のこと    関川村の旧女川地区に上野新(うえのしん)と言う集落があるが、もちろんこの名は上野新田を省略して付けた名である。  この集落は旧女川郷のほぼ真ん中にあり、かっては旧女川村の役場があり、女川郷学校教育発祥の地でもあった。  この上野新に、「真面目に、ねぇぞぉー(丁寧に)手作り」で有名な「女川ハム工房」がある。  最近は手作りハム・ソーセージの他に、地元の村上牛などを使ったコロッケや地元の豚肉を使った豚メンチを作っている。 さっそく中に入ってみた。  派手派手の手書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/22 11:19
旧女川村の釣り旅から その1 宮前集落の光兎神社を見学
旧女川村の釣り旅から その1 宮前集落の光兎神社を見学    関川村は女川村と関村が合併して出来た村である。  旧関村にはヤマメ釣りや鮎釣りで有名な大石川が流れている。  旧女川村には女川が流れていて、その支流が藤沢川である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/21 11:45
釣り師の楽しみを更に紹介、それは釣れない時のための歴史散歩
釣り師の楽しみを更に紹介、それは釣れない時のための歴史散歩  ヤマメ釣りにはまだ早い4月19日の日曜日に、女川最下流の集落である桂集落にお邪魔した。  ここは、歴史や史跡に恵まれた集落で、鎌倉時代には国衙領となっていて、地頭が置かれていて、代々河村氏が世襲で受けていた。  ここで海苔弁と豚汁で朝食を取り、そのあと例によってお湯を沸かし、UCCコーヒーを飲んで締めた。いつもなら、ここからすぐに釣行となるのだが、今日は趣向を変えて、郷土史散歩を試みた。  これは桂の五輪塔群と言われているもので、村指定の文化財となっている。  ここ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 06:59
テニスの王子様 その8 将来は国会議員、プールのある家の紳士君のお話だよ
テニスの王子様 その8 将来は国会議員、プールのある家の紳士君のお話だよ        ニュージーランドのオークランドの風景 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 06:10
テニスの王子様 その7 人生に比べれば東大なんて楽勝!!?
テニスの王子様  その7 人生に比べれば東大なんて楽勝!!?  一樹くん憧れの「肉入りビーフカレー」、1年に1回、大晦日の日にありつける。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/07 05:39
釣師の楽しみを、もう一つ紹介、それは季節を感じる楽しみ
釣師の楽しみを、もう一つ紹介、それは季節を感じる楽しみ    釣師の楽しみは色々あるが、季節を感じる楽しみもその一つである。  雷集落は、この山がもえぎ色に染まる頃もいいが、その少し前の、早春の花々やコゴメなどの山菜が芽吹く頃が、僕は一番好きである。  これはキクザキイチリンソウ、スプリングエフェメラル(早春に咲くはかない短命な植物)の一つで、別名嫁泣かせとも言い、嫁たちの春の山入りを告げる花である。(白い花が主流だが、紫色の花もある。)  これはカタクリで、うつむいて咲く聡明な少女を思わせるこの花を、万葉集では傾いた篭に見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/05 11:22
釣師の楽しみは、釣り以外にも沢山ある
釣師の楽しみは、釣り以外にも沢山ある  今日は女川支流の藤沢川に入った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/04 10:20
テニスの王子様 その6 王子様魔法使いになる、ワイルドだぜえ!!
テニスの王子様 その6 王子様魔法使いになる、ワイルドだぜえ!! 今回の主役はワイルドだぜえ!!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/04 05:51
テニスの王子様その5 韓ドラ主演女優の「美しくも妖しい夏」
テニスの王子様その5 韓ドラ主演女優の「美しくも妖しい夏」 今回は、韓ドラの主演女優の登場だよ・・・・・・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/20 05:59
テニスの王子様 その4 「美しき日々」
テニスの王子様 その4 「美しき日々」  今回の主役は牧師の子の「範久」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/19 06:01
テニスの王子様その3 焼肉いっぱい喰ったよん
テニスの王子様その3 焼肉いっぱい喰ったよん     引退後の朝青龍 ↑ 雄介はこんな顔、体型もソックリ   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/18 05:43
テニスの王子様 その2 王子様チャンピオンになる
テニスの王子様  その2 王子様チャンピオンになる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/17 05:56
テニスの王子様 その1 「王子様誕生」
テニスの王子様 その1 「王子様誕生」  今は二輪で学校へ通い、韓国ドラマのヒーローたちのように学生生活を送っているのだが、中学生時代はいっぱしのテニスボーイだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 06:10
奴奈川姫の川「姫川」の源流で釣る その2
奴奈川姫の川「姫川」の源流で釣る その2  荒神社の社を後ろから道なりに左廻りし、森を下っていくと姫川源流はそこにあった。  まさに案内書のとおり、源流は荒神社の境内の下から湧き出ていた。  今は渇水期なのだろうかそう水の勢いはなかったが、それでも湿地に生息する植物類の間から噴出すように流れ出ていた。  境内の上から若い女性グループが感嘆して、さかんにカメラのシャッターを切っていた。  源流の標識のところでは、20歳前と思える若者がキャンプ用のストーブの上で肉や野菜などを焼いて飯を作っていた。  姫川源流には10人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/12 06:20
奴奈川姫の川「姫川」の源流で釣る その1
奴奈川姫の川「姫川」の源流で釣る その1  姫川の源流で渓流釣りをする機会を持った。  姫川は河川総延長距離がたった58km、しかしその平均勾配は1000分の13ということで、まさに日本の川の典型のような短い急流の川である。  姫川は名前も美しい、その急峻な流れも美しい。  川の名前のルーツは古事記にまでさかのぼるが、古代、姫川下流の越(高志)の国に、奴奈川姫という才色兼備の女性がいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/10 06:30
アジ君たちの運命はどうなったでしょうか?
アジ君たちの運命はどうなったでしょうか?  暑い時はむしろ熱いことをしよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/08 15:40
大物釣れたと思ったが・・・・韓流系?
大物釣れたと思ったが・・・・韓流系?  今日は新潟西港(簡単に言えば信濃川の河口部にある港です。)でアジ釣り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/08 08:33

続きを見る

トップへ

月別リンク

釣り師ジュンチャンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる