アクセスカウンタ

釣り師ジュンチャンのブログ

プロフィール

ブログ名
釣り師ジュンチャンのブログ
ブログ紹介
 新潟の山北や関川で、平成に入ってからずっと渓流釣りを楽しんでます。
 季節の移り変わりを楽しんだり、山菜採りや栗拾いもたのしんでます。
 遊んでください。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
探検家の歴史 第4部 その4 松田伝十郎(樺太探検と蝦夷地経営に活躍)K
探検家の歴史 第4部 その4 松田伝十郎(樺太探検と蝦夷地経営に活躍)K  松田伝十郎は江戸時代の越後国出身の幕臣・探検家で、間宮林蔵と樺太を探検し、樺太見聞の実測図を作成した。  伝十郎は越後国頚城郡鉢崎村(現新潟県柏崎市)の貧農浅貝長右衛門の家に長男として生まれ、そこで道普請をしていた幕臣大西栄八郎にその才能を見出されて江戸に赴いて武士となるべく修行した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 11:22
探検家の歴史 第4部 その3 探検家を超えた村上島之丞
探検家の歴史 第4部 その3 探検家を超えた村上島之丞   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/04 05:38
2018年6月23日 「神の意に沿う6月」の釣りV 大石集落裏を釣る その3 「釣師の贅沢」
2018年6月23日 「神の意に沿う6月」の釣りV 大石集落裏を釣る その3 「釣師の贅沢」  釣りを終えて時間を見ると、午前11時半になっていた。  今日はいつものコースをやめて、ほんの少し贅沢をすることにした。  贅沢の内容だが、500円出して「えちごせきかわ桂の関温泉ゆーむ」で釣りの汗を流す代わりに、800円出して「ロイヤル胎内パークホテル」で汗を流すのである。  朝と同じ道を戻って、黒俣集落で道を左折すると、胎内スキー場のある胎内リゾートへの道を走った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/03 06:17
2018年6月23日 「神の意に沿う6月」の釣りV 大石集落裏を釣る その2 「珠玉の時」
2018年6月23日 「神の意に沿う6月」の釣りV 大石集落裏を釣る その2 「珠玉の時」  大石集落のこのバス停の横から集落の中に入っていく。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/30 05:25
2018年6月23日 「神の意に沿う6月」の釣りV 大石集落裏を釣る その1 大石川に到着
2018年6月23日 「神の意に沿う6月」の釣りV 大石集落裏を釣る その1 大石川に到着  大石川は釣り師にとってはとても魅力的な川である。  岩魚を釣るなら大石ダムへ流れ込む東俣川、中俣川、西俣川で、これらはいずれも本格的な源流釣行の対象となる川である。  東俣川の大淵には50cmクラスの大岩魚が無数にいたという話を聞いたことがあるが、実際にこれらの沢を釣ったことは一度もない。  ここは単身で釣る釣り師の世界では無く、十分な沢登り技術や登山技術のある方々がしっかりとパーティを組んで源流釣行を楽しむ世界である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/27 10:26
探検家の歴史 第4部 その2 最上徳内(今世紀における最も卓越した探検家)
探検家の歴史 第4部 その2 最上徳内(今世紀における最も卓越した探検家)   最上徳内はシーボルトに、「尊敬すべき老人」「尊敬すべき老友」で「今世紀における最も卓越した探検家」と高く評価された北方探検家である。  徳内は1754年、出羽国村山郡楯岡村(現在の山形県村山市楯岡)に生まれ、1836年10月14日に、82歳で亡くなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/25 07:25
2018年6月17日 「神の意に沿う6月」の釣り 大石川 その4 「幸せな釣り師」の特権
2018年6月17日 「神の意に沿う6月」の釣り 大石川 その4 「幸せな釣り師」の特権      「申し訳ないが気分がいい1日」は、まだ続いている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/24 11:20
2018年6月17日 「神の意に沿う6月」の釣り 大石川 その3 「零釣法」用の棹で入れ食い
2018年6月17日 「神の意に沿う6月」の釣り 大石川 その3 「零釣法」用の棹で入れ食い  朝食会場の鮖谷から20分程歩いて、今日スタートとなる釣り場に到着した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/22 09:16
2018年6月17日 「神の意に沿う6月」の釣り 大石川 その2 釣り場の「鮖谷」に到着(W)
2018年6月17日 「神の意に沿う6月」の釣り 大石川 その2 釣り場の「鮖谷」に到着(W)  ところで、この「金俣集落」だが、古くから砂金採取や金掘りに関係したとのことで、集落を流れる大石川支流の小川流域には金掘り跡が随所に見られ、実際に大石川や小川では砂金採取が昭和16年頃まで行われていたという。  今はこの辺りにはそんな気配は微塵もない。  「金俣集落」を流れる小川は、大石川の山女が本格的に連れ出す6月までの、格好の山女や岩魚の釣場である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/21 14:24
探検家の歴史 第4部 その1 松前藩の祖「武田信廣」と松前藩
探検家の歴史 第4部 その1 松前藩の祖「武田信廣」と松前藩  18世紀後半から19世紀前半にかけて活躍した日本の探検家達を取り上げる前に、江戸幕府から日本の北の辺境の地である蝦夷地(北海道、樺太、千島)の支配権、交易権を公認されていた松前藩について簡略に記する。  渡島半島の南端にはアイヌ文化成立の前段階である擦文時代には、擦文文化と本州土師器文化の間に生じたクレオール(植民地)的文化である青苗文化が成立していた。  鎌倉時代から室町時代中期にかけて、この文化を足がかりにここに和人の移住が起こった。  これらの和人は渡党と呼ばれ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 06:44
2018年6月17日 「神の意に沿う6月」の釣り 大石川 その1 大石川までの道
2018年6月17日 「神の意に沿う6月」の釣り 大石川 その1 大石川までの道  6月2回目の釣行となる今回は大石川を釣る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 05:44
探検家の歴史 第4部 プロローグ
探検家の歴史 第4部 プロローグ   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/16 05:43
探険家の歴史第3部 第10章 鎖国体制下の日露関係
探険家の歴史第3部 第10章 鎖国体制下の日露関係   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 13:56
初夏の福島潟
きょっきょず(正式名称はヨシキリ、僕らは少年の頃この鳥をきょっきょずと呼んで、巣から彼らの卵を盗って美味しく食べたもんだ・・・・)の鳴く、初夏の福島潟を歩く・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/10 07:14
2018年6月2日 神の意に沿う6月の釣り 女川 その3 「また釣れた」は夢の中
2018年6月2日 神の意に沿う6月の釣り 女川 その3 「また釣れた」は夢の中  釣り師は再度チャレンジを試みた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/10 06:47
探険家の歴史 第3部 第9章 カムチャッカ半島を制覇したウラジーミル・アトラソフ
探険家の歴史 第3部 第9章 カムチャッカ半島を制覇したウラジーミル・アトラソフ   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 06:54
2018年6月2日 神の意に沿う6月の釣り 女川 その2 こんな山女が釣れた
2018年6月2日 神の意に沿う6月の釣り 女川 その2 こんな山女が釣れた  神の意に沿う6月の釣りの始まりである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/07 05:49
2018年6月2日 神の意に沿う6月の釣り 女川 その1
2018年6月2日 神の意に沿う6月の釣り 女川 その1  5月の後半、四国に2週間ほど旅していて、その間釣り師を廃業していた。  四国の旅のワンシーンだが、憧れの四万十川の、この川随一の絶景ポイントとなる岩間沈下橋は、去年の秋に5トントラックが通過した後に橋の一部が破損欠落したということで、通行止めとなっていた。  四国の絶景をたっぷり楽しんできたところで、6月からまた「釣り師ジュンチャン」再開である。  あの開高健は、あのモンゴルで、歴史に残るイトウ釣りを2年に渡って試みたが、2回目のイトウ釣りの時期が「神の意に沿う6月」と開高健が表現... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/03 11:37
探険家の歴史 第3部 第8章 間宮林蔵の時空を越える旅
探険家の歴史 第3部 第8章 間宮林蔵の時空を越える旅 音楽あり、↓クリックです!! http://nicoviewer.net/sm9877405   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 07:24
探険家の歴史 第3部 第7章 探検家たちによるシベリア制覇
探険家の歴史 第3部 第7章 探検家たちによるシベリア制覇 音楽あり、↓クリックです!! http://nicoviewer.net/sm9877405   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/28 06:38
探険家の歴史第3部 第6章 松前慶広と蝦夷錦
探険家の歴史第3部 第6章 松前慶広と蝦夷錦 音楽あり、↓クリックです!! http://nicoviewer.net/sm9877405  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/12 07:02
探険家の歴史 第3部 第5章  イェルマークとシビル・ハン国(K)
探険家の歴史 第3部 第5章  イェルマークとシビル・ハン国(K) 音楽あり、↓クリックです!! http://nicoviewer.net/sm9877405  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/10 06:27
更に更に更に更に更に続いてロシア人とウォッカの話を その7
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/09 15:25
2018年4月29日 萌黄色の季節 その3 「幸せな釣り師」
2018年4月29日 萌黄色の季節 その3 「幸せな釣り師」  カラキ沢から少し下流に降りて、「ふたみね橋」の手前の空き地に車を停めた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/06 08:39
探険家の歴史第3部 第4章 マンモスハンター達の軌跡
探険家の歴史第3部 第4章 マンモスハンター達の軌跡 音楽あり、↓クリックです!! http://nicoviewer.net/sm9877405  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/05 06:15
2018年4月29日 萌黄色の季節 その2 濃厚な熊の生息域「カラキ沢」で釣る
2018年4月29日 萌黄色の季節 その2 濃厚な熊の生息域「カラキ沢」で釣る  朝食で元気が出てきたので、カラキ沢をちょっとだけやることにした。  カラキ沢の源流は霊峰光兎山から流れ出る沢水が始まりで、そのあたり一帯は濃厚な熊の生息域となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/03 06:49
2018年4月29日 萌黄色の季節 その1 熊狩り集落で朝食
2018年4月29日 萌黄色の季節 その1 熊狩り集落で朝食  山が笑う季節は「萌黄色(もえぎいろ)」の季節でもある。  萌黄色とは、春先に萌え出る若葉のような冴えた黄緑色のことである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/01 06:28
更に更に更に更に続いてロシア人(エリツィン)とウォッカの話を その6
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/30 11:48
2018年 山が笑う その4 藤沢川のコゴメ
2018年 山が笑う その4 藤沢川のコゴメ  それでは、これから釣りの開始である。  藤沢川を上がって、中束集落内の橋見屋商店駐車場に車を停めた。  3月下旬の下見の際には、河原はまだ残雪が残っていたが、今はすっかり河岸の桜が満開で、その向こうには霊峰光兎山が見えている。  このあたりも山女釣りにはまだまだ早いが、中束橋の少し上流から藤沢川に入ることにした。  まず、ここの堰堤下を攻め、それから堰堤上を50m程攻めたが全くあたりすら無いので、一番出そうな堰堤下流域を攻めた。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/30 05:59
探険家の歴史第3部 第3章  「東洋人の皮をかぶった西洋人」の国「ロシア」
探険家の歴史第3部 第3章  「東洋人の皮をかぶった西洋人」の国「ロシア」   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/28 06:04
2018年 山が笑う その3 「ゼンマイ(銭舞)」を採る
2018年 山が笑う その3 「ゼンマイ(銭舞)」を採る  女川の左岸の崖道をしばらく歩いて行くと、急峻な崖地のあちこちにゼンマイが適度に成長して来ていて、程よい採り頃をむかえていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/27 05:57
2018年 山が笑う その2 いざ禁断のゼンマイ採りへ出発
2018年 山が笑う その2 いざ禁断のゼンマイ採りへ出発  朝飯前の一仕事を終え、いよいよ朝飯である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/25 06:39
探険家の歴史 第3部 第2章 現生日本人のたった一人の祖先
探険家の歴史 第3部 第2章 現生日本人のたった一人の祖先 音楽あり、↓クリックです!! http://nicoviewer.net/sm9877405 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/24 06:05
2018年 山が笑う その1 桂集落前のコゴメ
2018年 山が笑う その1 桂集落前のコゴメ  毎年ゴールデンウィークの前後の20日間程は、僕の釣場である関川村でも、1年のうちの一番華やいだ季節となる。  早春の花や桜や菜の花が一斉に咲き、少し遅れて山桜も咲き始める。  それと同時にフキノトウを先頭に、ゼンマイ、コゴメ、ワラビなどが次々に土の中から顔を出していく。  楽しみな季節の楽しみな釣り場に、4月22日早朝5時半頃に出発した。  釣り街道(国道290号線)沿線を華やかに飾っていたソメイヨシノの桜は、今はすっかり葉桜となっていて、その後に八重桜の大粒の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/23 07:22
更に更に更に続いてロシア人とウォッカの話を  その5
その1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/21 08:22
探険家の歴史 第3部 第1章 ルーシの国を創った北欧バイキング
探険家の歴史 第3部 第1章 ルーシの国を創った北欧バイキング    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/21 06:22
2018年 えぶり差岳を見ながら釣る その4 最後までえぶり差岳の1日(k)
2018年 えぶり差岳を見ながら釣る その4 最後までえぶり差岳の1日(k)  もう少し関川村のいろんなところから朳差岳を見たくなったので、今度は女川の河口部に行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/20 06:29
2018年 えぶり差岳を見ながら釣る その3 吹ノ沢川を釣り歩く
2018年 えぶり差岳を見ながら釣る その3 吹ノ沢川を釣り歩く  ここをやめ、吹ノ沢川を上流に向かって歩いていく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/18 06:43
探険家の歴史 第3部(環オホーツク海の探険家達) プロローグその2
探険家の歴史 第3部(環オホーツク海の探険家達) プロローグその2 音楽あり、↓クリックです!! http://nicoviewer.net/sm9877405 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/17 06:24
2018年 えぶり差岳を見ながら釣る その2 吹ノ沢川最下流の大淵 
2018年 えぶり差岳を見ながら釣る その2 吹ノ沢川最下流の大淵   渓流釣り師の特権を楽しみながら吹ノ沢川の河口付近の荒川河川敷の空き地に車を駐車し、渓流釣りの用具を身に固め、餌の通常サイズのミミズをエサ箱に入れ、さっそうと釣りの開始である。  駐車場所の付近に吹ノ沢川最初の大堰堤(この川では最大)があり、この黄↓の個所に最初のヒトフリを投げ入れた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/16 06:23
更に更に続いてロシア人とウォッカの話を 小話その4
1 ロシア女性に聞いた結婚したい人 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/14 07:20
2018年 えぶり差岳を見ながら釣る その1
2018年 えぶり差岳を見ながら釣る その1  僕の釣り場である関川村は、旧女川村と旧関村が合併して出来た村である。  その旧女川村には女川が流れ、霊峰光兎山が鎮座している。  旧女川村を流れる藤沢川や女川の一番の水源となっている山が光兎山で、だからこの山は、旧女川村に生きる様々な生命にとって一番重要な山となっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/14 06:12
探険家の歴史第3部 環オホーツク海の探険家達 プロローク
探険家の歴史第3部 環オホーツク海の探険家達 プロローク   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/13 07:20
探険家の歴史 第2部最終章 ナイル河の旅 その9 源流にて(ファイナル)
探険家の歴史 第2部最終章 ナイル河の旅 その9 源流にて(ファイナル) 音楽あり、↓クリックです!! http://nicoviewer.net/sm9877405 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/08 07:22
2018年 幻の40cmオーバーを撮り損ねた その3
2018年 幻の40cmオーバーを撮り損ねた その3  結局この釣行で、「アマゴ半スレヒネリ8号」8本を全て無くしてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/07 06:33
2018年 幻の40cmオーバーを撮り損ねた その2
2018年 幻の40cmオーバーを撮り損ねた その2  それではこれから雪を踏み分けてO沢へ突入する。  その前に、この沢用のアイテムを紹介する。  これが、尺岩魚取り込み用のタモ網(玉網)である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/05 06:48
更に続いてロシア人とウォッカの話を少々 ロシアの小話 その3
  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 06:27
探険家の歴史 第2部最終章 ナイル河の旅 その8 ウガンダにて
探険家の歴史 第2部最終章 ナイル河の旅 その8 ウガンダにて 音楽あり、↓クリックです!! http://nicoviewer.net/sm9877405 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/04 11:36
 2018年 幻の40cmオーバーを撮り損ねた その1
 2018年 幻の40cmオーバーを撮り損ねた その1  このところ、毎年4月1日の荒川水系の解禁日には関川村女川の支流のO沢に出かけている。  関川村の女川では合計17匹の尺岩魚を釣りあげているが、その中の15匹はO沢(いろいろと支障があるので匿名で)である。  「最長尺岩魚36cm」を釣り上げたのもこのO沢である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/03 10:59
 2018年渓流釣り場の下見 その2
 2018年渓流釣り場の下見 その2    関川村の春はまだまだ、従って本格的な渓流釣りのシーズンも一月後となる。  女川の様子はわかったので、今度は藤沢川を最上流の田麦集落まで上がって、イワナ釣場の現状の確認もしてみることにした。  これは藤沢川中流域の中束(なかまるけ)集落にある中束橋上からの藤沢川上流の景色であるが、春満開の頃とは違って華やかさやカラフルな色彩に欠ける、どこにでもある平凡な風景となっている。  更に川の上流の熊の生息域に近い千刈(せんがり)集落も、これまた1m程の残雪に埋もれたままである。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/29 13:58

続きを見る

トップへ

月別リンク

釣り師ジュンチャンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる