「播磨と淡路のみち」 その26 伊和神社

朝食を食べるために旅館の1階の食堂に行った。  竹の宿と名乗っているだけあって、食堂にも竹が贅沢に使われていた。 朝食も食堂と同じで、一品一品手が加えられていて贅沢である。 朝食前の散策の余韻が残っていたので、この朝食がなおのこと美味しく感じた。そして今日の日程である。 今…
コメント:0

続きを読むread more

先住民族と少数民族の微妙な違い

先住民族 言葉通りに解釈すれば、近代国家が成立する以前に、先にその土地にすんでいた民族ということになるが、内在する意味は、いかなる自由な意思や合意の確認もなく、その国家に強制的に編入されてしまった人々ということになるか。 例  アイヌ、ウィルタ(オロッコ)、ニヴフ(ギリヤーク)、エスキモー(イヌイット、ユピク、カラー…
コメント:0

続きを読むread more

更に続いてロシア人とウォッカの話を少々 ロシアの小話 その3

  更に続いてロシア人とウォッカの話を  少々 ロシアの小話その3 その1  工場長が不倫中の秘書に向かって言った。 「ねえ君、そろそろドアを閉めたほうがいいんじゃあないか。」 「だめです、工場長。ウォッカを飲んでいるっておもわれちゃいますから」と秘書は答えた。 その2  …
コメント:0

続きを読むread more

探検家列伝第4部 その5 近藤重蔵(探検家として人間として、尋常でないレベルに達した人)

近藤重蔵(1771年〜1829年7月16日))は、江戸時代後期の幕臣で探検家である。間宮林蔵、平山行蔵と共に文政の三蔵と呼ばれている。 1771年に身分の低い貧しい武士である御先手組与力・近藤右膳守知の三男として江戸駒込に生まれ、山本北山に儒学を師事した。 幼少の頃から神童と言われ、8歳で四書五経を諳んじ17歳で私塾「白山義学」を開くな…
コメント:0

続きを読むread more

石狩川への旅 その18 この旅一番の幸運をGET!!

 石狩川源流制覇のあと山を下り、旭川市に隣接する愛別町の河原で、野外用のキャンピングストーブでお湯を沸かし、即席ラーメンの中にソーセージを切り刻んで入れて簡単な昼食を食べた。  粉末コーヒーも入れて、しばしアウトドア気分を味わった。  その後、旭川市ゆかりの二人の文学者の文学館を訪ねたが、そのことは旭川市を出る前に書く事にする。  その…
コメント:0

続きを読むread more

釣師の楽しみを、もう一つ紹介、それは季節を感じる楽しみ

 釣師の楽しみは色々あるが、季節を感じる楽しみもその一つである。   雷集落は、この山がもえぎ色に山が染まる頃もいいが、その少し前の、早春の花々やコゴメなどの山菜が芽吹く頃が、僕は一番好きである。  これはキクザキイチリンソウ、スプリングエフェメラル(早春に咲くはかない短命な植物)の一つで、別名嫁泣かせとも言い、嫁たちの春の山入…
コメント:0

続きを読むread more

携帯で撮った極北に似た過酷な冬の風景(場所は新潟)

身近な場所で極北の地の過酷な風景と似ている風景に出会うことがある。新潟市西区の佐潟もそうである。 あいにく、今日はカメラを持ってきてなくて、携帯で風景を撮影した。  風雪が強い日に、佐潟は極北の地のような過酷な風景を見せてくれる。凍てついた自然の風景に、僕はここが新潟であることを一瞬忘れた。 &n…
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その26 絶景のオルレ道の散策 

 昼食が終わると、午後1番目は赤字2のオルレ道の散策。  オルレ道の入口の済州ロッテホテルまでバスで向かった。  まるで王宮のような済州ロッテホテルに到着した。  この済州ロッテホテルはオールインなど数々の韓ドラのロケ地として使用されたホテルで、オールインを完全に1回ぶっ通しで視聴し、オールインのシナリオ集まで通販で購入し、この日のため…
コメント:0

続きを読むread more

ネットで拾った「おしょくじけん」

  A君 「中国では汚職事件が多いんだってな」  B君 「へェ~、そうなんだ。行ってみたいな」  A君 「・・・・・?」  B君 「たくさん食べれるんだろ?」  A君 「何が?」  B君 「食事券でさ」  A君 「・・・・、お食事券じゃないよ。汚職事件だよ」
コメント:0

続きを読むread more

「播磨と淡路のみち」 その25 龍野のベストスポットを歩く

 露風の生家を通り過ぎ、引き続き司馬さん風に言えば「古色を帯びた龍野の街」を歩いていく。 月並みな言葉でいえば「落ち着いたいい感じの街並み」が続いていて、やはりこの龍野城跡下あたりが最も龍野らしい風景だと思われる。 この立派な白壁の平垣の中にあるのは、なんと「たつの幼稚園」で…
コメント:0

続きを読むread more

米原万里さんからの笑い話「長生き」

「いいですか、このまま飲酒を続けると、かなり危険です。完全に酒を断ってください。完全にです。そうすれば、寿命が延びること請け合います。それだけ、生きている時間が長くなるってことですよ」 「おっしゃる通りです、先生。先月一日だけ、酒を飲めなかった日がありまして。いやあ、その一日の長かったこと、長かったこと・・・」
コメント:0

続きを読むread more

続いてロシア人とウォッカの話を少々 ロシアの小話その2

   ロシアの小話その2 その1  世の中にブスはいない。ウォッカが足りないだけだ。 その2  このウォッカは南京虫の臭いがするという人をペシミストという。  この南京虫はウォッカの臭いがするという人をオプティミストという。 その3   「父ちゃん、酔っ払うってどういうことなの」 …
コメント:0

続きを読むread more

探検家列伝第4部 その4 松田伝十郎(樺太探検と蝦夷地経営に活躍)

松田伝十郎は江戸時代の越後国出身の幕臣・探検家で、間宮林蔵と樺太を探検し、樺太見聞の実測図を作成した。 伝十郎は越後国頚城郡鉢崎村(現新潟県柏崎市)の貧農浅貝長右衛門の家に長男として生まれ、そこで道普請をしていた幕臣大西栄八郎にその才能を見出されて江戸に赴いて武士となるべく修行した。 その後、大西の同僚の松田伝十郎(先代)の養子になり…
コメント:0

続きを読むread more

石狩川への旅 その17 石狩川源流地にて

 北海道で一番の高峰は大雪山系(大雪山という山は存在せず、正確には大雪山系と呼ぶべき山々)の旭岳(2291m)である。  石狩川の源流地である石狩岳(1967m)は石狩川本流を挟んで旭岳とは反対の山系の山である。    この石狩岳から流れるクチャンベツ川が石狩川の源流だが、ここへ行く道路はゲートにより閉ざされており、通行するには上川中部…
コメント:0

続きを読むread more

ネットで拾った笑い話「なあるほど パパゆずり」とは

ママといっしょにお出かけした由香ちゃん、ママの友達に出会って挨拶した。 ママの友達は、由香ちゃんの頭をなでながら、 「まあ、なんてきれいな髪なんでしょう。きっと、これはママゆずりね」 すると、由香ちゃんは、 「ううん、パパゆずりだと思うわ。だって、パパの頭には、髪の毛が一本も残ってないんですもの」
コメント:0

続きを読むread more

また釣れた、今日は大漁 夢の中・・・・

    7月16日(月)は海の日、九州では大雨だが、新潟の今年は今のところはさほどでもない降り。  去年の7月の梅雨末期の季節は、福島県と新潟県で豪雨が続き、今年の九州並みの洪水となった。  もちろん、今年も予断は許さないが、梅雨空が久しぶりに晴れ、猛暑の夏空の一日となったので、山女釣りに出かけた…
コメント:0

続きを読むread more

新潟の四季 小さな白鳥と大きな白鳥が最近の新潟の冬の風物

1 ビッグスワンと鳥屋野潟と白鳥  写真の鳥屋野湖の水面一帯に広がっているのは鴨さんたち。  鴨にはいろんな種類があるが、真鴨、小鴨、カルガモなどが多分いるんだろう。 白鳥にも鴨と同じように種類があって、オオハクチョウ、コハクチョウなどがあるが、新潟へはコハクチョウが飛来する。コハクチョウというのはオオハクチョウより…
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その25 レストラン牛歩苑でキジ肉のしゃぶしゃぶ料理

 天帝淵第1瀑布の見学を終えると、僕等ツアー客はヤンガイドの指示していたバスの駐車場所へ戻った。  ここで、今回のツアー初めてのトラブルが発生した。 瀑布の見学をしないでバスへ直接向かった筈の女性観光客2名が、定刻を10分程過ぎてもバスに来ない。 ヤンガイドは怒って、僕等にまで「皆さん、絶対に私の指示通りに動いてください。それでないと、…
コメント:0

続きを読むread more

「播磨と淡路のみち」 その24 本丸跡から三木露風生家まで歩く

隅櫓を後ろにして坂道を上がっていく。 本丸までの道は、右手に石垣左手に白塀の、このような石段の坂道である。坂道を歩き終えると、正面に本丸西隅に再建されている西門が建っていた。 大きな門は開かなかったが、その右脇にある小さな門が開いていて、ここから本丸に入った。本丸跡は公園のよ…
コメント:0

続きを読むread more

花束を君に / 宇多田ヒカル

https://youtu.be/yCZFof7Y0tQ 普段からメイクしない君が薄化粧した朝 始まりと終わりの狭間で 忘れぬ約束した 花束を君に贈ろう 愛しい人 愛しい人 どんな言葉並べても 真実にはならないから 今日は贈ろう 涙色の花束を君に 毎日の人知れぬ苦労や淋しみも無く ただ楽…
コメント:0

続きを読むread more

開高健と生きる その37 海を愛するのは

海を愛するのは賢者であり、山を愛するのは聖者である。 By 開高健 私たちは聖者と違って、自分の敵を愛するのは無理かもしれない。けれども、自分自身の健康と幸福のために、少なくとも敵を赦し、忘れてしまおう。嫌いな人について考えたりして、1分たりとも時間を無駄にしないことだ。 By デール・カーネギー あらゆる釣り師…
コメント:0

続きを読むread more

ロシア人とウォッカの話を少々

 飲食という観点でロシア人の第1印象を一言で言えば、「ウォッカとキャビアとボルシチ」となる。  ウォッカ「アルタイ山」;シベリアの酒、ピリピリとした辛口「ピョートル大帝」;甘すぎず辛すぎず飲みやすいウォッカ。  そのウォッカはロシア人の魂とも言える酒で、これ無くしてはロシア人はロシア人でありえないというくらいのものらしい…
コメント:0

続きを読むread more

探検家列伝第4部 その3 探検家を超えた村上島之丞

村上島之丞(1764年-1808年)は、本名を秦檍丸という。 18世紀の中頃伊勢の神職の子として生まれ、寛政の改革の立役者である松平定信に見出されて数回に及び蝦夷地の探検を行なった北方探検家の一人である。 彼は探検家としても名高いが、地理学や風俗学に長じており、また文章や絵画にも優れた才能を持っていたため、蝦夷地や特に彼の居住地となっ…
コメント:0

続きを読むread more

石狩川への旅 その16 一先ず大雪湖まで目指して出発

 9月21日(火)午前5時、予定通りP-DASH-GARDENを出発した。  東川町から旭山公園(旭山動物園もここにある。)を迂回し、当摩町に出てから主要地方道である愛別・当摩・旭川線を進み、愛別町で国道39号線へ抜けた。   ここまで1時間程、これから石狩川沿いに大雪湖まで向かう。    石狩川には愛別橋がかかって…
コメント:0

続きを読むread more

オールイン遊び 済州島の風景 第7話  「結ばれた心」

クリック(´・ω・`) ↓ http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=grF2atpV_vE   カジノのピットボスに抜擢されたイナ。この好機を逸したくないイナは、スヨンを先生に話し方のマナーや外国語のレッスンを受ける。二人で過ごす時間が増え…
コメント:0

続きを読むread more

ネットで拾った「再び座薬、お年寄りですので・・」

  「おばあさん、この薬は、座薬ですから、尻にいれるんですよ」  「はい。そうしますですよ」   一週間後に病院へ来たおばあさん、  「先生、また薬をください。汁にいれて飲む薬を」  「エッ! 飲むって?おばあさん、薬をどんなふうに使ってるの?」  「はい。先生に言われたように、みそ汁にいれて飲んでますよ」 …
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その24 天帝淵瀑布を歩く

 これから天帝淵瀑布へ降りて行く。  派手な七人の仙女像のレリーフを左手に見ながら谷底まで降りて行くが、ヤンガイドの話では、歩く距離は昨日行った龍頭岩の3倍ほどの距離だとか。  ヤンガイドご推奨のマイナスイオンたっぷりの場所を、いつもの渓流釣にでも行くような気分で歩いて行く。  ここは紛れも無く、渓流釣りの世界に入っていくようなものであ…
コメント:0

続きを読むread more

日本一周の旅、今日は長崎県( ^)o(^ )

長崎といえば、釣り師は食べ物がすぐに浮かびます。 チャンポン、カステラ、カラスミも確かあったような・・・・ 長崎の料理の特徴は、砂糖を多く使うことだったように記憶しています。(美味しんぼに書いてあったような?) 長崎の街を歩くと「さだまさしの精霊流し」が聞こえてくるような、そんな気が当時はしました。 釣り師は今から1…
コメント:0

続きを読むread more

「播磨と淡路のみち」 その23 龍野城まで歩く 

この白壁が続く屋敷は「霞城館」と「矢野勘治記念館」の二つの記念館を併設した建物である。 白壁には入り口が二つあった。 ここが、旧制一高の西寮寮歌「春爛漫」、東寮寮歌「嗚呼玉杯に花うけて」の作詞者である矢野勘治の旧居である矢野勘治記念館の入り口である。 こちらが、龍野出身の近…
コメント:0

続きを読むread more

ネットで拾った「ああ、座薬」

「おばあさん、この薬は座薬ですからね。まちがえないでくださいね」 「はい。書いてあるとおりに飲みますよ」  その次に病院に来たおばあさん、 「先生、あの薬なかなか効きませんね」 「そうですか?おばあさん、薬は正しく使っているでしょうね」 「もちろんですとも。座薬でしょう。書いてあるとおりに毎日座って飲んでますよ」 …
コメント:0

続きを読むread more

さくら(独唱)/ 森山直太朗

https://youtu.be/p_2F2lKV9uA 僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ どんなに苦しい時も 君は笑っているから 挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ 霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる さくら さくら 今、咲き誇る 刹那に…
コメント:0

続きを読むread more

ロシアのアネクドート傑作集から(これで最後) その15 ロシア(ソ連)

その1 なぜモスクワでは、必ず警官が3人で行動するか。 一人は読めて、一人は書ける。 もう一人はこの二人のインテリを監視している。 その2 アメリカ人がポーランド人に聞いた 「貴方はロシアに友情を感じますか?」 ポーランド人 「ええ、貴方の家に、侵入してきた泥棒に貴方が…
コメント:0

続きを読むread more