更に続いてロシア人とウォッカの話を少々 ロシアの小話 その3

 

更に続いてロシア人とウォッカの話を

 少々 ロシアの小話その3


その1

 工場長が不倫中の秘書に向かって言った。

「ねえ君、そろそろドアを閉めたほうがいいんじゃあないか。」

「だめです、工場長。ウォッカを飲んでいるっておもわれちゃいますから」と秘書は答えた。


その2

 無人島にアメリカ人、フランス人、ロシア人の3人の男が漂着した。やがて神が現れ、3人に言った。

「それぞれ二つだけ願いを言いなさい。わたしがかなえてあげよう」

 アメリカ人が言った。

「金をくれ。そして帰国させて欲しい」

 フランス人が言った。

「女が欲しい。それと帰国だ」

 二人が去ったあと、最後にロシア人が言った。

「まず、ウォッカを一箱。二つ目は飲み仲間だ。そうだ、あの二人を呼び戻してくれ」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック