更に更に更に更に続いてロシア人(エリツィン)とウォッカの話を その6


その1

 1941年9月、ドイツ軍がレニングラードに侵攻し、たちまち包囲されてしまった。

 ソ連軍の善戦のもと、戦いは長引いた。とある日、守備隊長から「至急送ってほしい」との電報が届く。 武器がたりなくなったのかと思っていたら、
 「もっと度数の高いウォッカを送って下さい。戸外の気温は零下45度。ここにあるウォッカは40度。とても戦争になりません。」



その2

 側近「恐れながら大統領、昨日はなぜあのように悲観的な演説をなさったのです?
 あれでは国民が勤労意欲を無くしてしまいますよ」
 エリツィン「すまん、あの時はシラフだったんだ」



その3

 エリツィンが読書をしていた。その本には、酒による害について詳しく書かれて いた。

 彼は、それを読みながら、顔面蒼白となり冷や汗が
にじんできた。
 「お、恐ろしい!こんなに恐ろしい事は、もうやめよう!」
 彼はそれ以来、絶対に本を読まなくなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック