越前と若狭の旅 その11 鯖江第一ホテルから一乗谷朝倉氏遺跡へ

 今夜の宿は鯖江第一ホテルである。

 鯖江は武生の隣の町なので、紫式部公園からは1時間もかからずに広い駐車場のあるホテルに到着した。

画像


 朝食付きで4,950円という値段なのでそう期待もせずに値段なりのこのホテルでくつろいだ。

画像


 夕食はホテルのフロントの方から周辺飲食店マップなるものをいただき、その中から黄矢印のそばと定食の店「ながと」を選び、そこで1315円の天ざるそばで夕食とした。

 天ざるは薬味がだいこんおろしとなる福井名物のいわゆる「おろしそば」で、それはそれでいいのだがかなり大味で、あと少しもう少しという感じの夕食となった。

 夕食を食べテレビを見て、少し明日のことを考えて眠りについた。

 そして朝となり、朝食となった。

画像


 朝食はバイキングではなく宿泊客全員が同じもので、ご飯、目玉焼き、ハム、漬け物、お味噌汁、お茶、コーヒーがついていた。

 ご飯は自家農園のコシヒカリを使った混ぜご飯、みそ汁はスタッフが直に仕入れた物を具材とし、漬け物や梅干しも出来るだけ手作りの物で作っている。

 目玉焼きは鯖江市のとなり、越前市の自然豊かな山中でエサにこだわりを持つ岡崎養鶏さんから仕入れた「越前の卵」を使用しているとのこと。

 食後は、豆挽きから始まる相当古いドリップマシーンで入れたコーヒーで締めた。

画像


 今日7月28日(火)の日程だが、越前諸道ルートと銘打ち、足羽川沿いに走る美濃街道の沿線にある遺跡や有名社寺などを見ていく。

 まず最初に、一乗谷朝倉氏遺跡を目指す。

画像


 雲のかかっている方角に一乗谷がある。

画像


 あと300m進んで右折すれば、10分ほどで一乗谷朝倉氏遺跡である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック