ネットで拾った「ほんのちょっぴり笑える話」 桃太郎とこぶとり爺さん

桃太郎

 
 昔々、あるところに、お爺さんとお婆さんが住んでいました。お爺さんは山へ柴刈りに、お婆さんは川へ洗濯に行きました。お婆さんが川で洗濯をしていると川上から大きな桃が、「ドンブラコー、ドンブラコー」と流れて来ました。お婆さんは早速その桃を家へ持って帰りました。

「お爺さんや、わしゃ今朝、川でこんな大きな桃を拾ってきたがね」

「ほほぉ、そりゃ珍しい。早速二つに切って食べるかえ」

 そう言ってお爺さんは、大きな包丁を持ってきました。お爺さんは、包丁を振り上げ、エイヤッと桃を一刀両断にしました。

 すると、中から真っ二つになった男の子が出てきましたとさ。おしまい。(^o^)

こぶとりじいさん


 昔々、あるところに、一人のお爺さんが住んでいました。そのお爺さんは、若い頃は痩せていたのですが、年寄りになって仕事もせず、家でぶらぶらしていると、少し太ってしまいました。そこで近所の人たちは皆、このお爺さんのことを「小太り爺さん」と呼ぶようになったとさ。おしまい。(^o^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント