能登(日本道)への道 その23 渤海の話Ⅲ

 日本との交易のために渤海が整備した道が中国の歴史書にも記されている「日本道」である。  「日本道」は上京の都を出て、そこからロシア沿海地方に出て日本海を渡るルートである。  渤海使が船出した地点がクラスキノ遺跡である。  ウラジオストクから車で6時間、クラスキノ遺跡はそこにある。  中国とロシアの国境付近、ロシア沿…
コメント:0

続きを読むread more

能登(日本道)への道 その22 渤海の話Ⅱ

 これからロシアに200箇所以上ある渤海の遺跡の一つを、ロシアのウラジオストク郊外まで訪ねていく。  最初に向かったのが、渤海時代の山城の跡である。  ここは山城の跡で、山城は4mの石垣で囲まれていたということで、NHKの杉浦知紀アナウンサ-の手の高さの2倍位の高さがあったことになる。  渤海人はこのような山城を幾つも造り、…
コメント:0

続きを読むread more