奈良散歩 その11 手向山八幡宮と三月堂 

十分に廬舎那仏や大仏殿を見た。


画像1

  このあと、赤⇒の道を通って手向山八幡宮や三月堂、四月堂などを見ることにした。

画像2

 その道中で、東塔院跡発掘調査中と書かれた遺跡発掘現場に出会った。

ここは大仏殿で見た右側の塔の在った場所で、早ければ20年後に100mクラスの七重の塔が再建される場所のようである。

東塔は東塔院とも呼ばれ、重厚な回廊が塔を囲んでいたというが、1180年に平氏に焼き打ちされて焼失した。

その後鎌倉時代に再建されたが、南北朝時代の1862年に落雷で再び焼失したとされている。


画像3

  手向山神社とあるが、ここから手向山八幡宮である。

この手向山八幡宮は、東大寺及び大仏を建立するにあたって749年に宇佐八幡宮より東大寺の守護神として勧請された。

当初は平城宮南の梨原宮に鎮座したが、後に東大寺大仏殿南方の鏡池付近に移座し、1180年の平重衡による戦火で焼失て、1250年に北条時頼が現在地に再建した。

手向山はまた紅葉の名所としても知られており、古今和歌集では菅原道真が「このたびは幣もとりあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに」と詠んでいる。


画像4

  その紅葉の季節には、手向山はまだ少し早いようである。

道真は平安初期の公卿で、漢学者であり政治家としても大活躍した。

宇多・醍醐の両天皇に信頼され、文章博士になった後に右大臣にまで上り詰めたが、左大臣藤原時平たちのはかりごとにより、大宰権師に左遷され九州の地で亡くなった。


画像5

  この和歌は898年の秋に道真が宇多上皇にお供して吉野へ行く途中、一行が道祖神への供え物を忘れてきたことに気づき、その時に詠んだ和歌だと伝えられている。

現代語に訳せば、下記のようになる。


画像6

  「今度の旅は急いで発ちましたので、捧げるぬさを用意することも出来ませんでした。しかし、この手向山の美しい紅葉をぬさとして捧げますので、どうかお心のままにお受け取りください。」

菅家の世界に遊びながら、手向山八幡宮をあとにした。


画像7

   次に法華堂(三月堂)である。

内部は撮影禁止となっていたので、ネットにて紹介する。

法華堂は奈良時代建立の仏堂で一般に三月堂として知られ、日本の国宝に指定されている。

画像8
   堂内仏像配置図はこのようになっている。(2011年以前の安置状況)

1.不空羂索観音2.梵天、3.帝釈天、4.金剛力士(吽形)(密迹力士)、5.金剛力士(阿形)、6.四天王のうち持国天、7.四天王のうち増長天、8.四天王のうち広目天、9.四天王のうち多聞天、10.執金剛神、11.伝・日光菩薩、12.伝・月光菩薩、13.吉祥天、14.弁才天、15.地蔵菩薩、16.不動明王


画像9

   多くの仏像があったが、ここでは正面の不空羂索観音だけ紹介する。

この像は脱活乾漆造で像高362cmセンチメートルあり、天平時代を代表する仏像彫刻の1つで国宝となっている。

不空羂索観音は密教系の変化観音であり、バラモン教のシヴァ神を起源とする。

羂は獣をとらえる網、索は魚釣り糸を意味し、慈悲の羂索を持ち、あらゆる衆生をもれなく救う観音である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント