探険家列伝第2部 アマゾン河の旅 その1 プロローグ


 探険家列伝第2部は、世界5大陸(南北アメリカ、アジア、ヨーロッパ、アフリカ)最長河川に挑戦する旅である。

 関野吉晴は、グレートジャーニーの旅で、人類拡散の歴史を逆方向から再現する旅を10年間で達成した。

 その旅は、南アメリカの最南端のナバリーノ島からアフリカのタンザニアのラエトリ(人類発祥の地とされている)までの壮大な旅となった。

 その関野の旅を真似て、南アメリカ大陸から、探険家列伝第2部の旅はスタートする。

 その最初の川は、アマゾン川である。

イメージ 1


   アマゾン河源流部  ↑


 アマゾン河、この川のあまりの偉大さに、しばし呆然とする。
 この川を目指すことが、僕のここ数年の夢であった。

 この河との出合いは、高校の図書室で偶然出合った開高健の名著「オーパ」から始まる。

イメージ 2

 その話は、読書日記の「開高健 オーパ」 に書いているが、それ以来、この河は僕の心を捉えて離さない貴重な川となった。

 初めに、アマゾン河の紹介を簡単にする。

 全長は6,516kmで、世界第1位のナイル河の6,695kmにつぎ、第2位の長誇っている。第3位の長江(揚子江)は6380kmである。

 アマゾン河の本流をペルーのマラニョン川とする説もあるが、インカ文明の真ん中を流れる同じくペルーのウカヤリ川(ウルバンバ川とアプリマク川が合流する。)を本流とする説をここではとっており、余裕で世界第2位の長い川となる。(マラニョン川本流説は270km短い。)
(河川資料は文部科学省国立天文台「理科年表」・国土交通省河川局水政課「河川管理統計」から抜粋。)

 流域面積705万平方kmはダントツの世界第1位で、第2位の370万平方kmのザイール川(アフリカ)を遙かに凌いでいる。

 年平均流量は、毎秒17万5000トンと推定され、ザイール川の4~5倍、全世界の川の流量の15~18%をしめるという想像を絶する膨大な流量を生み出す川である。

 また、全世界の淡水の3分の1が、この流域に集まっている。

 そんなアマゾン河だが、地球上の全水量に比すれば、ほんのわずかなものである。

 地球上の水の97%は海水で、淡水はその3%しかない。淡水のうち9割は凍っている。つまり、全水量の0.3%の淡水が液体として現象している。

 その淡水の4分の1はバイカル湖にある。その3分の1はアマゾン流域にある。

 こういうことで、アマゾン河に比べれば、他の川はほんとに可愛い川なのである。

 川は太古から人類の文明を育て、人の命の源である淡水を供給する重要な存在であったし、今でもその事実には何ら変わるところはない。

イメージ 3


    ネオネグロ川の熱帯雨林 ↑

 また、アマゾン河流域の熱帯雨林は、地球の全酸素の20%を生産する、地球の肺といわれる場所である。

 アマゾン熱帯雨林の面積は約480万km2。実に、全世界の熱帯雨林の54%を占めている。

 アマゾンの源流は、インカ文明を生み出した万年雪のアンデス山脈であり、その雪解けの水を集めて、やがて沢水になり小川になり、クスコ、マチュピチュ、ビルカバンバなどという世界遺産の地域を流れ、源流の川、アプリマク川やウルバンバ川となるのだ。

イメージ 4


   クスコの街並みです。 ↑

 総延長6,516kmの旅は、今始まったばかり、僕はいつものように川の流れを逆方向から遡上する。

 アマゾン河口の街、ペレンあたりでは、雨季になると、アマゾン河の川幅は500kmにもなるという。

 まずこの街から、アマゾンの旅を始めたい。

イメージ 5


   ベレンの魚市場 ↑

イメージ 6


   カランゲージョという河口部でとれるカニ↑、開高さんも絶賛してた。


イメージ 7


   ベレンの女たち  ↑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント