開高健  オーパ!!

 憧れのアマゾンとアンデスだが、いろんな作家がアマゾンのことを書いている。

 僕は、中でも開高健の「オーパ!」に魅かれる。


画像



 アマゾンの本拠地ブラジルでは、驚いた時や感嘆した時に「オーパ!」という。


 この本は、そんな驚きの連続となる彼のブラジル釣行の記録である。


 でも、この本にはちょっとしたほの酢っぱい懐かしい思い出がある。


 僕は開高健には高校時代に出会っている。


 高校の図書館で受験勉強にも飽きて、少し不純な目的で本を探していたら、開高健の「オーパ!」に偶然、出会 った。


 それは偶然の出会いであったか、必然の出会いであったかわからない。


 日頃気になっているがそう会話も交わしたことがなかった同級生のAさんを見かけ、彼女の姿が見えなくなってからそのあたりの本棚を覗いていたら、この本が目に留まったのだ。

 Aさんはスレンダーな、花でいえばラベンダーを思い浮かべるような感じの女性だった。


 僕は彼女がどんな本を読んでいるのかやはり興味があって、彼女のラベンダーのような残り香が漂っている気配の夏の午後の図書館で、かなりの心臓の高鳴りを自覚しながら、開高の本を開いていた記憶がある。


 彼女が図書館から出たのを確かめてから、僕は彼女の居たあたりの書棚の本をパラパラとめくっていたのだ。


 その書籍群の中に、開高健の「オーパ!」の本があり、そこにはたった今入れたと思われる、南米の町の風景が描かれた綺麗なしおりがはさまっていた。


 別に彼女の入れたしおりという確証はなかったが、その時の僕は90%以上の確立で、彼女の入れたものだと信じ込み、その「オーパ!」という本を、夕暮れの日差しがまぶしくなって時間の経過に気づくまで夢中で読んでいた。


 彼女の読んでいた本なんだなという興奮もあって、僕は3時間で「オーパ!」を読みきった。


 面白かった!!


 開高健という作家にも興味を持ったが、南米のアマゾン川での釣りにも憧れを持った。


 この時の僕は、いつか開高と同じところでピラニアを釣ったり、願わくば幻の古代魚であるピラルクーも釣りたいと、夢のような旅を夢想していた。


 先日、高校の同級会があり、酔ったついでに図書館でのことを彼女に聞いたら、彼女は良く憶えていて、実は別の棚の本を読んでいたことがわかった。


 数年後のことで良かったけど、数十年後までわからないで誤解していたら、何かドラマが始まっていたかもしれない。


 このことは、また後で書くかもしれない。でも、この彼女とは開高の本が取り持つ縁で、けっこう今では気楽な女友達として付き合っている。


 開高の本から得た知識で冗談を連発し、彼女にすっかり気に入られたのだった。



 開高健は愉快なおじさんで、僕も酔った時や飲み会のキャラは彼に頼っている。


 ここで、開高健がこの本で引用していた中国古諺を載せます。


 1時間、幸せになりたかったら

酒を飲みなさい。


 3日間、幸せになりたかったら

結婚しなさい。


 8日間、幸せになりたかったら

豚を殺して食べなさい。


 永遠に、幸せになりたかったら

釣りを覚えなさい

 

 なるほどと思ったり、そうかなあと思ったりしますよね。まあ、釣師だから釣りが一番だといいたい訳だ。
 ところで、ここからが問題です。



問題  彼女は下のどの本を図書館で読んでいたのか。名探偵の回答を。


ヒント   イギリスの物語です。姉妹作家のどちらかだよ。


1 ジェーン・エア                 


2 嵐が丘        


3 アンナカレーニナ      


 答えとその理由を下のコメント欄に記載ください、わかるかな?

 高校時代の彼女なら、どの本を読んでいても

 不思議ではありません!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント