韓のくにの旅 韓の国の旅その43  宗廟を見学 その1

 ソルランタンの朝食後、バスに乗ってまず赤字1の宗廟を見学となった。

イメージ 1


 ただ、この頃から雨足が怪しくなり、バスを降りて宗廟に向かう頃にはりっぱな本降りとなっていた。
 この4泊5日のツアーで初めての悪天候、今までの4日間は全て好天に恵まれていた。

 そして、宗廟のガイドは周相希からここを専門的に案内するガイドに変わった。


イメージ 2


 彼女はこの悪天候用に、ベージュ基調の格子模様のレインコートと同じ色調の長靴で完全武装し、傘をさしながら携帯用拡声器を使用して、流暢な日本語でしっかりとわかりやすく、的確にガイドしてくれた。
 このガイドに案内されての宗廟見学である。
 宗廟は儒教の礼法に従い、景福宮の東に建てられている。


イメージ 3


 宗廟の配置図はこんなである。
 中心は敷地の真ん中にある⑧の正殿であり、次に重要なのが⑪の永寧殿となる。
 では、外大門から入って行く。


イメージ 4


 外大門から真っ直ぐに続く三本の石の道のうち、中央は祀られた歴代王の魂が通る道(神路)なので人は通行禁止となる。

 ガイドは間違って歩いていたツアー客を制止し、手前に呼び戻した。
 右は王の通る道(御路左は皇太子が通る道(世子路と決められている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント