天塩川の旅 その8 松浦武四郎踏査の地にて

 国道40号線を北の方角に道を行く。  参考資料は、士別市博物館で職員から無料で貰った「北大河・テッシ~松浦武四郎まっぷ~」である。  風連町、名寄市と過ぎ、向かうは美深市の「美深森林公園びぶかアイランド」そこに松浦武四郎が踏査し、宿泊した地がある。  1857年6月13日と24日のことで、当時の宿泊地名はオクルマトマナイ、今の美深…
コメント:0

続きを読むread more

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その40  佐原十郎義連ゆかりの「満願寺」を見学

久里浜駅から久里浜のペリー記念館に行く予定にしていたが、バスの連絡の都合で佐原十郎義連の墓所である「満願寺」を先に訪ねることにした。 久里浜駅から京急線で一駅前の北久里浜駅まで行った。 そこから京急バスで黄星印の「満願寺」まで行った。 近くに佐原城跡もあるのだが、昨日は衣笠城跡まで行くのに大…
コメント:0

続きを読むread more

奈良散歩 その48 平城宮跡を歩く 

 まず最初の目的地は平城宮跡である。 平城宮跡はホテルから6km程の距離で、午前8時20分頃にはここに到着した。 平城宮跡」は710年に藤原京より遷都された平城京の中心であった宮跡で、1998年2月には古都奈良の文化財として、世界遺産に登録されている。 平城宮の入口には羅城門があり、74m幅のメインストリートである朱雀大路を北へ3.7k…
コメント:0

続きを読むread more

「オホーツク街道」の旅 その3 猿骨川で釣り師の夢を満喫!!

 僕は今、猿払村のど真ん中にいる。  「思いっきり大きいイトウに会いたいなら猿払村に行け」、イトウ釣りを少しでも目指す者が最初に出会う言葉が、この言葉である。  猿払村は北海道最北の村、日本で2番目に広い。北海道の中でも特に寒さの厳しい地域で真夏は最高でも30℃に達しない年も多く、厳冬期には気温が-20℃くらいまで下がり、もちろん海には…
コメント:0

続きを読むread more