越前と若狭の旅 その19 永平寺の法堂、山門などを見る

承陽殿の次は法堂、禅師様の説法の道場で朝のお勤めなどの各種法要もここで行われる。 法堂(はっとう)は1843年の建築で、聖観音像を安置する。 法堂の中の内陣は絢爛豪華で、この中に聖観音像が安置されているという。 観音像には十一面観音、千手観音、如意輪観音など、多面多臂の変化観音と、こうした超人間的な…
コメント:0

続きを読むread more

探険家の歴史 第2部 アマゾン河の旅 その5 イキトスにて ピラルクー釣りにチャレンジ

 イキトスは、ペルーの国土の60%を占める熱帯雨林のジャングルの中にポッンと築かれた、人口30万程の町である。  そこはもう、モンゴロイドの末裔の住むペルーの国であり、僕ら東洋人にとってはどこか懐かしい、故郷に来たような思いを呼び起こす町でもある。   イキトスの町です。↑  ここへは陸路でいく…
コメント:0

続きを読むread more