岡倉天心 茶の本 第四章 茶室 その3 茶室は仮の宿

 これに関連して、茶人たちのいだいていた清潔という考えをよく説明している利休についての話がある。 利休はその子紹安が露地を掃除し水をまくのを見ていた。 紹安が掃除を終えた時利休は「まだ充分でない。」と言ってもう一度しなおすように命じた。 いやいやながら一時間もかかってからむすこは父に向かって言った、「おとうさん、もう何もするこ…
コメント:0

続きを読むread more

オールイン遊び  第2章 初めてのハングルは、10文字の母音から(今日はサランヘヨも覚えた)

第2章 初めてのハングルは、10文字の母音から(今日はサランヘヨも覚えた)    ハングルの基本母音(ボインω)はアイウエオの5文字ではなく10文字で 1 아アa、야ヤya (日本語のア、ヤと同じ) 2 어オeo、여ヨyeo(口をアの形にしてオと言う、口をオの形にし  てヨと言う) 3 오オo、요ヨyo(日本語のオ、ヨと同…
コメント:0

続きを読むread more

近江街道をゆく その37 外村宇兵衛家を見学

外村宇兵衛家は、五個荘商人として活躍していた外村与左衛門の末子が分家して興したもので、与左衛門との共同事業から独立して商いを始めた。 五個荘は金堂の街並みを中心に、数多くの映画やテレビのロケ地として使われているが、この外村宇兵衛家もNHKの朝ドラ「べっぴんさん」のロケに使われており、朝ドラに出演した方々を集めた宣伝ポスターが、…
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その6  済州島到着と旅の日程の紹介

 東京は曇っていたが、済州島は天気予報通り晴れていた。  この済州島の旅に限らず海外国内の旅のどちらもだが、旅の1週間前頃から旅先の週間天気予報をパソコンの「お気に入りに」取り込んで、旅行日の天気を見るのが毎日の日課となる。  晴天に恵まれる旅もあれば、雨天や時には嵐に遭遇する旅もあった。  そういう経験を踏まえて言えることだが、「旅は…
コメント:0

続きを読むread more

石川啄木と函館 その3 橘智恵子の弥生小学校

 啄木は明治40年6月、函館の弥生尋常小学校で代用教員になったが、翌日の平成26年(2014年)6月24日に弥生小学校に立ち寄った。 弥生小学校は、函館山の右端の山裾の西部地区と呼ばれる地域にあった。 啄木はこの地に建っていたこの小学校の前身である「弥生尋常小学校」に、明治40年6月12日から7月中旬まで1ケ月あまり出勤した。 そこには…
コメント:0

続きを読むread more