釣り師ジュンチャンと世界を巡る 第33回はデンマーク

 デンマークは北ゲルマン民族の国でスカンジナビア三国と一緒に括れる国で、南ドイツに接している以外は周囲を海に囲まれたバイキングたちの国でもあり、また有名な童話作家のアンデルセンもこの国の人です。
画像1.jpg


 デンマークは北ゲルマン民族の中のデーン人が定住して作った国ですが、フランク王国の「デーン人辺境区」という意味のデーンマークから、現在のデンマークとなりました。
(同じ意味では、オストマーク(東部辺境区)が変化して国名となったオーストリアがあります。)
画像2.jpg

 ちなみに、首都のコペンハーゲンは商港の意味で、現代デンマーク語ではケーベンハウン(商港)、英語読みで、コペンハーゲンとなります。
 ユトランド半島ばかりが目立ちますが、首都のコペンハーゲンはスカンジナビア半島に密接しているシェラン島にあり、文化的にも北欧圏となります。
 ところで、アンデルセンの童話の中で一番印象に残っているのは「マッチ売りの少女」です。
画像3.jpg

 おおみそかの晩に幸せ?に包まれながら死んでいく薄幸の少女の姿は、少年時代のアンデルセンの姿であり、彼の自画像とその時代の願望がこの童話を書かせたとか。

 北欧のメルヘンな世界を大人の立場で、再度味わいたいものですネ。

 皆さんはデンマークと聞いて、何を思い、何処を旅してみたいですか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント