釣り師ジュンチャンと世界を巡る 第35回はギリシャ(k)

 ギリシャは、ヨーロッパ南東部、バルカン半島南部の半島とエーゲ海などに点在する大小3000もの島々から構成される国で、正式国名はギリシャ共和国です。
画像1.jpg

 この国は古代文明発祥の地のひとつで、コロナ以前はアクロポリスなどの古代遺跡巡りや、ギリシャ神話の島々を巡る旅は、世界各地から観光客が訪れて大賑わいでした。
画像2.jpg

 ところで僕が高校生の頃、西脇順三郎という難解な詩人の詩に出会いました。
 それは、「太陽」という題名の詩です。  

 カルモジインの田舎(いなか)は大理石の産地で
 其処(そこ)で私は夏をすごしたことがあった

画像3.jpg

 ヒバリもいないし 蛇(へび)も出ない
 ただ青いスモモの藪(やぶ)から太陽が出て
 またスモモの藪( )へ沈む

 少年は小川でドルフィンを捉(とら)えて笑った

「カルモジイン」は西脇の造語で、カルモジインはカッラーラ(古来大理石の生産地として知られていて、とくにカッラーラ・ビアンコと呼ばれる白大理石で著名であり、ミケランジェロのダビデ像などに用いられている。)だと考えらていますが、この詩の中の「太陽」にギリシャをイメージしたことは、今もって記憶の中に残っています。(「太陽」という題名の詩に出会った少年の日以来、ギリシャは釣り師にとっていつも明るい太陽の国でした。)
画像4.jpg

 アテネは、オリンポスの12神のアテナの名から銘々。
 スパルタは、神話上先祖神「ラケダイモン」の妻、スパルタからの銘々。
 コリントスは、大陸とベロポネソス半島の付け根の部分にあるが、この意味は「道楽者、粋人」、「船乗りや商人のくつろぐ場所」です。
画像5.jpg

 今でもまるで神話のようなギリシャの国を、釣り師は西脇順三郎の詩集を片手に、いつか旅してみたいと思っています。

 皆さんはギリシャと聞いて、何を思い、何処を旅してみたいですか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント