開高 健「オーパ!」アマゾンフィッシング紀行+河は眠らない から開高健の言葉

河は眠らない から開高健の言葉 森を歩いているとよくわかるけれども、 斧が入ったことがない、 人が入ったことがない森、 というのがそこらじゅうにいっぱいある。 それで土が露出していないで、 シダやらなんかに覆われているが、 草とも苔ともつかないもので森の床全部が覆われている。 それから風倒木が倒れてたおれっぱ…
コメント:0

続きを読むread more

人種とは、自然環境への人の適応形のこと

 人種(じんしゅ)とは、ヒト・人間を分類する用法の1つである。  現生するヒトは、遺伝的に極めて均質であり、種や亜種に値する差異も存在しない。  現代における「人種」とは、形質人類学や自然人類学などにおいて、身体の特徴を生物学的な相違に基づいて区分したヒトの集団のことで、汎地球的な分布をもつヒトの自然環境への地域的な適応形…
コメント:0

続きを読むread more

「播磨と淡路のみち」 その19 赤穂の大石神社へ 

昼食は、龍野市室津出張所の隣にあるみなと茶屋で済ませた。 この町には飲食スペースがないので、ここでは軽食しか食べることができない。 港を臨むところにテーブルと椅子が並んでいて、カレーやうどんやおにぎりができるので、カレーうどんとおにぎりを頼んでちょうど550円だった。 食事後、赤穂に向かった。 23km程の道のり…
コメント:0

続きを読むread more

「オホーツク街道」の旅 その8 稚内の北防波堤ドーム(きたぼうはていドーム)

 稚内では最初に、北防波堤ドーム(きたぼうはていドーム)に行った。  北防波堤ドーム(きたぼうはていドーム)は、北海道稚内市の稚内港にある大型の防波堤である。  高さ約14メートル、長さ427メートル、古代ギリシア建築を彷彿とさせる70本のエンタシス状の柱列群が斬新な印象である。  北海道大学を卒業して3年の26歳で、稚内築港事務所に…
コメント:0

続きを読むread more