また釣れた、今日は大漁 夢の中・・・・

  7月16日(月)は海の日、九州では大雨だが、新潟の今年は今のところはさほどでもない降り。  去年の7月の梅雨末期の季節は、福島県と新潟県で豪雨が続き、今年の九州並みの洪水となった。  もちろん、今年も予断は許さないが、梅雨空が久しぶりに晴れ、猛暑の夏空の一日となったので、山女釣りに出かけた。      …
コメント:0

続きを読むread more

四月の藤沢川で今年初めての山女をゲット!!

 霊峰「光兎山」にウサギの残雪がくっきりと見えるようになる頃、山里の藤沢川沿いの集落にも遅い春が到来する。  家の周りの桜の花は満開となる。  川傍の土手に無造作に植えられた水仙の花も満開である。  1年中で一番華やかな季節が始まったのである。  この景色の…
コメント:0

続きを読むread more

「播磨と淡路のみち」 その21  「片しぼ竹の宿 梅玉」

今夜の「片しぼ竹の宿 梅玉」は朝食付き8,316円の宿で、和室二部屋があり、それに玄関や廊下や洗面所やバスやトイレが付いている豪華な部屋で、宿のおかみさんの話では、「今日は一番いい部屋が空いていたので、この部屋を使ってもらいます」ということだった。 贅沢すぎると思ったが、遠慮なく使わせていただくことにした。 向こうの部屋には…
コメント:0

続きを読むread more

「オホーツク街道」の旅 その9 稚内市開基100年記念塔から稚内市を眺望する。

 明治12年7月1日、現宗谷に宗谷村を開村したのが稚内市の開基となる。  昭和24年に北海道で14番目の市政がひかれ、昭和53年7月1日をもって開基100年・市政施行30年を迎えた。  稚内公園の海抜170mの丘に、80mの開基100年記念塔を建設し、その1・2階を北方記念館として開館。  その100年記念塔に向かった。  80m(海…
コメント:0

続きを読むread more