零下10度への旅 中国編3 そして万里の長城へ・・・

 北京の中心部から八達嶺(四通八達の意味)までは60km。 市街地を抜けるまでは、朝の渋滞に巻き込まれノロノロ運転を繰り返していたが、少し郊外へ出ると、バスの速度は上がり同時に、ガイドの金妙珍(キンミャオチン)の調子も良くなり、バスの中では、ズット中国や日本についての講義時間となった。 彼女は日本の京都大学に2年留学したことが…
コメント:0

続きを読むread more

越前と若狭の旅 その46 若狭歴史博物館と若狭国分寺跡を見学

熊川宿から小浜を目指して鯖街道を引き続き走り、その途中で明通寺の国宝である三重塔と本堂を見学したが、ここは省略する。 その代わり、福井県立若狭歴史博物館と若狭国分寺跡を見学したので紹介する。 若狭歴史博物館は若狭地方の歴史・民俗など、豊かな文化遺産を調査研究、保存・公開するための施設として、昭和57年10月に若狭歴史民俗資料館として…
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道と佐久平みち その14 旧制松本高校から唐沢そば集落に 

 松本深志高校から3㎞程離れた旧制松本高校(新制信州大学の発足にあたりその母体の1つとなり、文理学部に改組された。)に向かった。  旧制松本高校は1919年4月、長野県松本市に設立された官立の旧制高等学校である。改正高等学校令に基づき9番目の官立旧制高等学校として設立された学校で、ナンバースクールの高校に続き設立されたいわゆる…
コメント:0

続きを読むread more