中国編13 故宮(紫禁城)探訪その1 珍妃井戸など

神武門から故宮に入った。
 真北の方角に景山公園が築かれている。

イメージ 1


 この景山公園は、元代に北海が掘られた際その土砂を積み、造成された。
 標高約45mの万春亭からは故宮の全貌が見渡せる。
 まず最初に、珍妃の井戸を見学。
 正式なルートで見学してないので金妙珍と管理人のおじさんの間で5分程、見学のための交渉がありやっと、ここからの見学を許してもらえた。
 金妙珍という、北京の一流ガイドの顔で見学出来た場所。(感謝だよ。)


イメージ 2

 ここは、西太后が8ヶ国連合軍の侵入に合い、西安に逃亡しようとしたおり光緒帝の一番愛していた妃であった珍妃がさからったため、この井戸に投げ捨て、殺した場所。井戸は、丸い穴の開いた重石のある場所にあった。)

 こんなことを始終していたため、西太后には残酷なイメージが終生付き纏う。

 つぎに、急ぎ足で両側の高い赤褐色の壁の間の狭い通路を歩き、後3宮の東側に位置する
九龍壁を見学。

イメージ 3


この壁に描かれた九匹の龍は270個の瑠璃タイルを使って描かれている。

 左から3つ目の白い龍の腹部だけが木製。
 職人が組み立てる際にタイルを壊して皇帝の処罰を恐れ、木で彫刻し彩色した。

 中国では龍は皇帝の象徴鳳凰が皇后の象徴となる。

 ところで、裏口?からの見学のため僕ら以外の見学者が皆無でしばらくは、貸切り状態のままの大名見学となった。

 昨日と比べ気温も零下5度程度暖かく感じるような北京の観光。
 二日目は、快調なスタートを切った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント