村童観猿翁 (そんどうえんおうをみる) 横山大観

 東京美術学校の卒業制作で、猿廻しの翁を師の橋本雅邦に見立て、童たちは同級生の幼顔を想像して描いた。  題材とされた学生たちが「どれだ、俺の顔は」と作品の成り行きに関心を寄せていた様子を(絵を単なる鑑賞の対象として制作するのではなく、そこに一つの話題性を出し)衆目を集めさせるアイデアとしている。               …
コメント:0

続きを読むread more

日本最長10河川の旅で出会った「日本を代表する人物」その3 姫川「岡倉天心」 NO1「岡倉天心への旅」

 2002年から2011年までの10年の期間をかけて、「日本の最長10河川の源流から河口までの旅」を走破した。 この源流から河口までの旅の中で、「日本の国が誇る傑出した人物」と十数名出会ったが、魅力あふれる人物ばかりなので、このブログを借りて紹介する。  2002年の信濃川の旅では島崎藤村と、同じ2002年の神流川の旅では内山節と、2…
コメント:0

続きを読むread more

能登(日本道)への道 その32 みなと橋から住吉神社、鳳至上町通りへ 

朝ドラ「まれ」の街中のロケ地巡りの続きである。 ロケ地巡りは、みなと橋から住吉神社、そして黄で塗られた鳳至上町通りへと続く。  ここはみなと橋で、ここで高校時代の紺谷圭太が津村希に告白した場所である。  次に、希たちが高校時代の思い出としてキリコを出し、夏祭り「輪島大祭」を行った主会場である住吉神社に向かった。 ここ…
コメント:0

続きを読むread more

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その9 鶴ケ岡八幡宮前まで歩く

鎌倉での宿は鶴ケ岡八幡宮前のホテルシャングリラ鶴岡である。ここで、11月5日(木)、11月6日(金)、11月8日(日)の夕方から朝までを過ごした。 このホテルは鎌倉の中心若宮大路に位置し、鶴岡八幡宮まで徒歩1分鎌倉駅からも徒歩5分ということで、観光の拠点として最適だった。部屋も広く、バス・トイレ・冷暖房完備で朝食付き7,700円の…
コメント:0

続きを読むread more

最上川と「おくのほそ道」の旅 その19 長尾政景公墓所から雲洞庵へ

今は黄星印の坂戸城跡にいる。 これから赤字あ、赤字い、赤字う、赤字えの順に、直江兼続と上杉景勝のゆかりの地を巡ってゆく。 まず、赤字あの長尾政景公墓所を目指して車を進めた。 この年はNHK大河ドラマ天地人が放映された年で、ここ南魚沼市でも「天地人」ブームに沸き返っていた。 午前8時半頃、長尾政…
コメント:0

続きを読むread more