冒険小説を愛した詩人−丸山薫−の詩の中から

  探検生活は文明に切り離された地で行うことになるので、情報社会から隔絶された世界を日常的に過ごし、楽しみと言えば読書となる。   そんな生活の中で、丸山薫のこんな詩を見つけた。   探検生活者の心に沁みます!!!  狼群         狼の群が旅人を追っていた      日没になると かれらは    …
コメント:0

続きを読むread more

津軽街道をゆく(2013年の旅) その2 能代から五能線沿線へ

 能代のホテルニューグリーンは快適なビジネスホテルだった。 1泊朝食付きで4,900円のシングルルームで頼んだのだが、部屋には邪魔にならない配置でベッドが3個も入っているトリプルルームで、どのベッドで寝ようか困った。  結局真ん中のベッドで寝たのだが、寝心地も良かった。 夕食は頼んでなかったが、外に出て食べる気も全…
コメント:0

続きを読むread more

近江街道をゆく その19 長浜のビジネスホテルウェルネスに宿泊

 今日の日程は終了し、これから湖西から湖北までの琵琶湖畔をほぼ半周し、今夜宿泊する長浜のビジネスホテルウェルネスまでレンタカーで走っていく。 黄枠で囲った田中王塚古墳から黄星印のホテルウェルネスまで、幾つかのトンネルを潜りながら、琵琶湖畔の黄線の道を進んでいくことになる。 このコースは、走る前からこの旅一番の難関になるだろうと考…
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道と佐久平みち その27 塩名田宿 

八幡宿の次にその隣の塩名田宿を見た。 塩名田宿は中山道六十九次のうち江戸から数えて二十三番目の宿場で、現在は長野県佐久市塩名田となっている。  この下の道が旧中山道で、千曲川の旧渡し場まで続いている。橋が掛けられたこともあったが、洪水の度に流失して、船や徒歩で渡るのが専らであった。 塩名田宿は暴れ川であった千曲川の東岸にあり、旅籠…
コメント:0

続きを読むread more