ブラジルの笑い話 その22 占星術師 

中世。ユダヤ人の占星術師が予言した。王の愛妾が間もなく死ぬだろう、と。
すると王の愛妾は本当に死んでしまった。

王は激怒した。占い師の予言が死をもたらしたものに違いない。
王は占い師を呼ぶとこう命じた。
「予言者、おまえの死ぬのはいつか言ってみよ!」
星占いは王の意図に気がついた。
自分がなんと答えようと、すぐに自分を殺すつもりなのであろう。
「わたしの死ぬ日がいつであるのかは分かりません。でも王様が亡くなるのは、その三日後です」と釘をさした。

"ブラジルの笑い話 その22 占星術師 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント