テーマ:俳句

サランヘヨ~韓国に恋をして 黛まどか

黛まどかという女流俳人は、旅の好きな方である。先人の足跡を尋ねて、松尾芭蕉の奥の細道を辿ったり、北スペインのサンチャゴ巡礼道900kmを踏破したこともある。  今回取り上げる「サランヘヨ」の旅は、韓国の釜山駅を2001年8月21日にスタートし、1週間から5日間の旅を5回繰り返し、ソウル市庁舎に2002年1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットで昔々のその昔友人だったねねさんのステキな俳句 Ⅻ

吉野紙 花の下にて 求めけり 吉野紙とは⇒吉野 (奈良県) に産する薄葉の和紙。製法は,コウゾの白皮をわら灰のあくで煮熟し,たたき砕いてから布を張った籠に入れ,流水中に浸してさらし,漉槽に移して糊を混ぜてすく。色が白く,宝石,貴金属などの包装や漆や油をこすのに用いられる。 花かつを お椀の中に するがわん はつ秋の ワイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more